転職先が決まらずブランク期間がある

【質問】
会社を辞めてから親の世話や資格の勉強をしていたので、1年間のブランク期間があります。

遊んでいたわけではありませんが、1年もブランクがあると採用してくれる会社があるか不安です。

面接ではブランク期間のことを聞かれると思いますが、どう答えるのがよろしいでしょうか?

【回答】ブランク期間は素直に認めてその間に得たことをアピールする

正直に申し上げて、ブランク期間が長くなれば長くなるほど、就職が難しくなるのは事実です。

一般的に、離職後6か月程度までは、採用担当者も気にしないことが多いですが、それ以上のブランク期間があると、「職務遂行能力が落ちてる」「入社後も嫌なことがあると辞める」とマイナスに捉えられてしまうことがあります。

ただし、ブランク期間は隠しようのないことなので、

  • ブランクを素直に認める
  • その間に学んだこと得たことをアピール
  • 前向き(ポジティブ)に考える

ブランク期間は、多少こじつけでも構いませんから、自分にとってプラスだったと伝えます。

1年間アルバイトをしながら、○○を勉強していました

面接官が嫌うのは、「隠す」「言い訳する」ことなので、ブランク期間のマイナスを認めつつ「その中で自分は何を得たのか(どう変わったか)」を伝えることで、ブランクの不利をカバーすることができます。

実際に、ブランク期間などの負い目があると、どうしてもネガティブな発想をしがちですが、面接官はネガティブな人を採用したいとは思いません。

このため、こういう不利な時こそ逆にポジティブな発想に切り替えて、認めるところは認めてアピールするところはアピールするように心掛けてください。

過ぎた事より将来のことを考えて面接を乗り越えましょう。

【関連記事】

転職先が決まらず半年経過、ブランク期間の乗り切り方