世の中には、同じような経歴・スキルを持っている人でも、なかなか採用されない人と、あっけなく簡単に採用される人がいるものです。

簡単に転職できる人のことを、

「あの人は、普段から運がいいから」

自分のことを運が無いから、付いてないからと思っていませんか?

実は、転職できない人と転職できる人にはある共通する違いがあるんです。

今回は、転職できない人に共通する8つの特徴と、転職できる人になる方法を紹介します。

転職できない人に共通する8つの特徴は?

転職活動で内定をもらうには、確かに運で決まる場合もあります。

たまたま自分が希望する条件で急募の求人票があり、応募者が少なくライバルがいないまま内定をもらえる事だって珍しいことではありません。

逆に、希望する求人が少ない時期に、近所の大手企業が希望退職者を多く出してしまったから、書類選考すら通りにくくなってしまったなんてこともあります。

もちろん、外部要因が内定に影響を及ぼすこともありますが、それでも、転職できない人には、採用されない理由があります。

1.自信が無い人

面接は求人企業に対して、「自分を売り込む」ことなので、自分の長所、強みをアピールして、採用しないと損と思わせないと採用されません。

ただし、自分に自信の無い応募者は、

  • うつむいている
  • 声が小さい

これでは、頼りない印象を持たれ、とても内定をもらえそうにありません。

面接官が採用したいと思わせるための方法は、以下関連記事をご覧ください。

2.話がかみ合わない人

面接で、面接官の質問に対して回答が合ってないと、企業はコミュニケーション能力を疑ったり、質問の内容の理解力を疑われたりしてしまいます。

話がかみ合わない人を採用してしまうと、入社後に指示した事と違う内容の仕事をされてしまい、苦労するのが目に見えているからです。

面接では、面接官から質問された内容をしっかり聞き、質問内容が不明確な場合は自己判断をせずに、「〇〇についてお答えすればよろしいでしょうか?」と質問の意図を聞き直す慎重さが必要です。

3.自分を大きく見せようとする人

最初の「自信が無い人」は、頼りないイメージで採用されにくいですが、逆に、やたら自信過剰な人も採用されにくいです。

やたら自分を大きく見せようとして、「○○は得意です」、「お客さんから信頼が厚いです」、「周りから慕われています」、「社内で1位です」と自画自賛で得意気に話してくる人もいますが、面接官はほとんど信じていません。

特に、「お客さんからどのように信頼されていますか?」と質問してみると、「頼られています」などと言葉を変えただけの回答をして、具体的な話やエピソードはひとつも出てくることがないでしょう。

4.言い訳が多い人

言い訳の多い人は、例えば、面接で落ちた時に、「ライバルが多かったから」、「面接官が見る目が無いから」などと外部要因の責任にして、自分は全く落ち度が無いと反省をしようとしません。

通常は、不採用が続いてくると、

  • 応募書類に問題は無いか?
  • 質問の受け答えに問題は無いか?
  • 表情や服装、身だしなみに問題は無いか?

と振り返ったり、知り合いや転職サイト、転職エージェントといった外部サービスを使って、客観的に見てもらったり、アドバイスをもらったりして対策をするのですが、言い訳が多い人は、そのようなことをしないので、いつまでたっても同じやり方にこだわっているので、間違えに気づかずに採用が遠のいてしまいます。

5.細かいことを気にしすぎる人

 

有給休暇を提出する人

面接で、やたら細かいことを聞いたりする人も、面接官は器が小さい、または、面倒な人と考えて採用を見送るでしょう。

  • 上司はどんな人?
  • 飲み会は強制参加ですか?
  • 有給休暇は気軽に取れますか?
  • 配属先での具体的な仕事内容は?

「郷に入っては郷に従え」という言葉もあるように、入社した会社のやり方を受け入れようとせずに、あれも嫌、これも嫌では務まりません。

また、正社員採用なら人事異動もある訳で、人事異動するたびに「配属先が・・・」と言われても困ります。

6.条件ばかり気にする人

多くの人は、転職先を条件で決めると思いますが、給与以外にも、昇給、昇進、賞与など条件面ばかりを気にしていると、条件面の話題の時だけやたら反応がいいので、面接官に見透かされてしまいます。

心構えとしては、結果を出せば条件は後からついてくると、いかにして企業に貢献し、結果を出すかを考えられる人が成功しやすいです。

(下に続く)



7.会社のブランドにこだわる人

「上場企業にしか転職しない」

と考える人は、実に多いもので、特に、退職した企業が大手の場合、退職企業より「格が低い」企業に転職することを嫌って、「格が低い」企業に転職することを転職失敗とまで考える人もいます。

もちろん、企業に求める条件は人それぞれで、次のような、譲れない条件や優先順位があると思います。

  • 企業ブランド・規模
  • 給与
  • ポジション
  • 仕事内容
  • 残業・休日
  • 通勤、福利厚生

ただし、大手企業だけが会社ではなく、中小企業にも良いところがあるので、物は試しで応募してみるのもいいと思います。

なお、大手企業では、新卒者のエリートを優先して昇進させるので、中途入社者でエリート連中を制して昇進するのは、相当ハードルが高いことも事実です。

8.応募をためらっている人

「この会社はイメージが悪い」、「この会社は給料が低い」、「この会社は・・・」となかなか応募に踏み切れない人って意外に多いものです。

特に、30代~40代になると、「今回の転職が最後だから慎重に活動する」と企業を吟味して、やっと決めた企業に応募しても、書類選考で落ちてしまう。

管理人も40歳で転職したことがありますが、書類選考通過率は20%程度でした。
そのため、20~30社ほど一気に応募して、書類通過した数社の面接を同時進行させて、内定を同時獲得する作戦で活動していましたよ。

たくさんの企業に応募することが、良い会社に転職できる理由は、以下関連記事をご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職活動中の方で、一つでも当てはまっていたら、それを直すことで内定がグッと近づくことでしょう。

また、面接では無意識に相手に不快な思いをさせていることがありますので、第三者と模擬面接をして見てもらうことで面接力アップになります。

【番外編】今の会社に残るか転職するべきか?

誰でも今働いている会社を辞めて、転職活動をすることは勇気がいりますし、失敗するリスクも伴うので、なかなか踏み切れないのではないでしょうか?

特に、同じ会社で5~10年働いていると、社内に仲間が多くなるので、多少の失敗やミスも周りがフォローや助けてくれるし、分からない事があっても、誰に聞けば解決できるか知っているので、居心地がいいものです。

今働いている会社に不満が無ければ、無理をして転職をすることはありませんが、もし、不満があったり、将来に不安があったりしたら、一度転職という選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?