会社からは、基本給のほかに残業手当や扶養家族手当など、様々な諸手当が支給されます。

諸手当は、残業手当、休日手当などのように、支払の義務がある手当と、福利厚生として支払っている手当に分かれます。

今回は、そんなもらって嬉しい諸手当と、ちょっと変わったユニーク手当を紹介します。

1.諸手当とは

基本給以外に支払われる賃金のことをいい、超過労働で支払われる残業手当や、家庭の事情で支払われる扶養家族手当、住宅手当といった様々な手当があります。

諸手当には、法律上の手当会社が任意に支払う手当の2種類があります。

2.法律上の手当

法律上の手当

法律上の手当は、毎月貰っている人も多い、次の3つの手当をいいます。

(1)時間外手当(残業手当)

時間外手当は、法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えて働いた場合に支払われる割増賃金のことです。

ただし、1日の労働時間が6時間の人が2時間残業しても、割増賃金は支給されず、2時間分の通常賃金が支給されるだけです。

時間外手当の割増率
時間外手当:25%
60時間を超えた場合(*1):50%
(*1)1か月間の時間外労働が60時間を超えた場合に支給される割増率で、中小企業では、2023年4月までは適用されずに、25%の割増率のままです。

(2)休日手当(休日出勤手当)

休日手当は、法定休日(週1日、または4週間で4日)に労働した時に支払われる割増賃金のことです。

法定休日は耳慣れない言葉ですが、会社の休みは、法定休日と所定休日があり、週休二日制の会社なら、土曜日(所定休日)、日曜日(法定休日)と設定していることが多いです。

この例だと、土曜日の所定休日に働いても休日手当は支払われずに、時間外手当が支払われます。

休日手当の割増率
休日手当:35%

(3)深夜手当(深夜労働手当)

深夜手当は、夜22時から翌朝5時に労働した時に支払われる割増賃金のことです。

深夜手当の割増率
深夜手当:25%

3.会社が任意に支払う手当

(1)役職手当

役職手当は、役職者に対して支払われる手当で、主任や係長、課長、部長など、責任の重さや役割に応じて支払われます。

特に、課長以上の管理職は、この役職手当に残業手当が含まれているから残業手当を支払われないと解釈する人もいますが、本来は、役職手当と残業手当は別物です。

(2)扶養手当(家族手当)

扶養手当は、扶養家族(配偶者、子ども、両親)がいる場合に支払われる手当で、配偶者は10,000円、子ども一人5,000円などと会社によって定められています。

扶養手当は、一家の大黒柱が家族を支えるという昭和の時代的な考え方に基づいているので、近年、見直しされつつある制度です。

特に、配偶者手当は、扶養控除内で働くことの弊害や、共働き世帯からも反感があり、国家公務員でも配偶者手当を13,000円から、6,500円まで半減されているので、民間企業も追随する動きが出ると思われます。

(3)住宅手当

住宅手当は、本人名義の住宅や賃貸住宅に住んでいる場合に支払われる手当で、住宅ローンや家賃(賃料)の一部として支払われます。

住宅手当は一律でなく、社員別に家賃補助(上限20,000円)という形で支払うので、契約書などを提出させる会社もあります。

(4)通勤手当

通勤手当は、自宅から会社までの通勤費用を負担する手当で、電車やバスの定期代か、または自動車やバイクのガソリン代として支払われます。

なお、公共交通機関の通勤手当の非課税限度額(*2)が、平成28年1月から、1か月15万円に増額されました。

(*2)通勤手当の非課税限度額とは、この額までは通勤手当として支給しても、課税されない限度額で、この金額を超えると、従業員に所得税が課税されます。

(5)単身赴任手当

単身赴任手当は、会社の転勤命令により単身赴任で働いている従業員に支払われる手当で、毎月、家族の元へ帰るための往復交通費が支払われることが多いです。




(6)資格手当

資格手当は、会社が奨励している資格を取得している人に支払われる手当で、建築士、測量士、宅地建物取引士などの国家資格や秘書検定、簿記検定などの民間資格を対象にしているなど様々です。

(7)皆勤手当、精勤手当

皆勤手当、精勤手当は、欠勤や遅刻・早退が無いか、1回までの従業員に支払われる手当で、正社員に対して支払われることはあまりありません。

4.もらって嬉しいユニーク手当

(1)近距離手当

自転車通勤

近距離手当は、勤務先から一定範囲(2~5Km以内など)の近距離に住む人に支払われる手当で、近くに住んでいる人には嬉しい手当で、自転車通勤手当や近隣手当とも呼ばれることもあります。


近距離手当は、以下関連記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

関連記事:「近距離手当の狙いとメリットは?

(2)誕生日手当

誕生日ケーキ

誕生日手当は、社員の誕生日の月に支払われる手当で、年に1回もらえる嬉しいプレゼントの意味合いがあります。

誕生日手当に似ているのが、誕生日休暇がある会社もあり、ちょっとした気遣いが嬉しいし社員のやる気につながりますね。

(3)出産手当

出産

出産手当は、社員(配偶者)が子どもを出産した時に支払われる手当で、共済会から支給される出産祝い金とは別に支払われるので、随分太っ腹で嬉しい手当です。