職務経歴書は、自分の職務経歴や、アピールポイントによって様々な書き方があります。

今回は、職務経歴書の書き方や効果的に書くコツ解説します。

職務経歴書とは

求人への応募書類の一つで、応募者(求職者)がこれまで培ってきた職務経験やスキルを記載したものです。

正社員や契約社員、派遣社員の場合は、応募書類として、履歴書と職務経歴書をセットで求人先企業に提出するのが慣例ですが、パートタイムやアルバイトでは職務経歴書は必要とされていません。



なお、履歴書の書き方は、以下関連記事を参照してください。

職務経歴書はどんなことを書くのか?

職務経歴書見本

職務経歴書は、上記の写真のような構成で、

  1. 「職務経歴書」というタイトル
  2. 氏名、住所、連絡先
  3. 略歴
  4. 会社概要
  5. 職務経歴の明細
  6. 「活かせる経歴・知識」
  7. 「自己PR」

を記入しますが、履歴書と違い統一されたフォーマットが存在しません。

記載項目は上記を満たしていれば、自分で自由にレイアウトを工夫して、自分のアピールポイントが分かってもらえる特徴ある職務経歴書を作ることもできるのです。

ただし、デザイナーなど一部の職業を除いて、職務経歴書は2ページにまとめる方がベターです。

アピールポイント別、職務経歴書の書き方

1.職歴の多い少ないによる書き分け

30代後半や40代、50代の人は、多くの職歴を経験していると思いますので、職務経歴書にも工夫が必要です。

そこでお勧めなのが、職務経歴欄を逆時系列で書くことです。(上記写真の5番の場所です)

職歴の多さによる職務経歴の書き分け

経歴の少ない人:時系列入社時の経歴から順番に書く方法)

経歴の多い人:逆時系列直近の経歴から遡って書く方法)

2.多数の職種を経験したか、エンジニアの場合

大きな企業では、2~3年毎に人事異動があり、様々な職種を経験する事があると思います。

特に、営業→企画→営業→企画などと、行ったり来たりする場合は、時系列で書くと、採用担当者が読み難くいので、その場合は職種別に「営業」と「企画」に分けてグループ化すると、採用担当者も理解しやすくなります。

また、エンジニアは、プロジェクト別にカタゴリー分けをしてまとめると良い。(例えば、使用言語別など)

多数の職種を経験した場合

職務経歴を、職種毎、プロジェクト別にグループ化して書くと分かりやすい。

では、次からは具体的な職務経歴書の書き方を解説します。




職務経歴書の書き方

1.職務経歴書というタイトル

 

職務経歴書(タイトル、氏名)

「職務経歴書」というタイトルの飾りは、決まりはありませんのでお好みで、

下線:職務経歴書

隅付き括弧:【職務経歴書】

□囲み:(上記、写真の見本)

文字の大きさを少し大きくするなど自由です。

2.氏名、連絡先

記載項目は、次の通りです。

  1. 氏名
  2. 郵便番号、住所
  3. 電話番号(自宅+携帯電話、携帯電話のみも可)
  4. E-mailアドレス

なお、E-mailアドレスに、「k〇tty」などアニメやキャラクターの名前などが含まれている場合、転職活動用に新しいアドレスを取得しましょう!

3.略歴は最大のアピール場所

職務経歴書(略歴)

何という会社で何年間、どんな仕事をしてきたかを、3~5行でまとめます。

この数行で、あなたがどんな職歴をもった人物かが判断されてしまいまう重要な部分であり、採用担当者がこの略歴だけ読んで不採用者を振るい落とすことだってありますので、短い文章に分かりやすくあなたのアピールポイントを詰め込んでください。

4.会社概要

職務経歴書(会社の概要)

採用担当者は、日本のすべての会社を把握している事はありませんので、経験した会社の情報を記入しておきます。

  1. 会社名(略さず正式名称で)
  2. 事業内容(10~20文字で端的に)
  3. 資本金
  4. 従業員数

5.職務経歴の明細

職務経歴書(職務の明細)

職歴経歴の明細は、どんな仕事をしたか、どんなプロジェクトをしたかを年表のように分かりやすく書きます。

この時、結果が「達成率105%」などと数字として表れる仕事の場合は、数字を織り交ぜてアピールします。

職務経歴の数字のアピール

年間販売件数30件(目標20件)、営業部内2位で部長表彰受賞

〇〇業務の改善で、年間改善金額100万円達成

〇〇教育の実施(2回/年)

なお、表彰などの受賞内容もアピール忘れずに!

6.活かせる経歴・知識

職務経歴書(活かせる経験、知識)

業務上必要なスキル、資格、PCスキルなどを記入します。

特に、エンジニアなどで、使用言語、OS、アプリケーションなどのスキルは、スキルのレベルを含めてできるだけ多く書くことがコツです。

例えば、採用担当者が「Oracle Database」をできる人を優先させたい時は、職務経歴書に「Oracle Database」の文字が入っている人を書類選考通過させるってこともありますから。

7.自己PR

職務経歴書(自己PR)

自己PRは、仕事に対する姿勢や採用されたらどんな貢献ができるかなど、もう一押ししたいことを5行前後でまとめます。

特に、顧客や社内での評価など客観的にどんな人物か分かる内容があると、採用担当者があなたをイメージしやすくなります。