コミュニケーションって難しいですよね。

どんな職場にも、気が合わない人や苦手な人は、1人や2人いるものです。

それでも付き合わざるを得ないのがサラリーマンの辛いところです。

今回は、そんな苦手な人とも上手にコミュニケーションするコツを紹介します。

コミュニケーション上手になるコツ

コミュニケーション上手は、話の引き出しを多く持ち、次から次へと会話ができる人ってイメージがありますよね?

確かに、話すことで相手を引っ張って行けるコミュニケーション上手な人もいますが、実は、もっと簡単にコミュニケーション上手になる方法があるのです。

その方法は、2つのコツを掴むだけで、見違えるほど上手してしまいます。

  1. 相手に話させるコツ
  2. 相手の話を聞くコツ

1.相手に話させるコツ

相手の好きなことを聞く

まず、相手の好きなことを聞いてみる。

初対面やよくわからない相手に対しては、

〇〇さんは、休日に何をされていますか?」と相手聞いてみてください。

誰だって、好きなことを聞かれて嫌に思う人はいないと思います。(忙しい時に聞いたらダメですよ)

人間って「話を聞いてもらいたい願望」があるもので、自分の好きなことを聞かれたら嬉しくなってしまうのです。

相手の好きなことが分かれば、その周囲の関連していることをタイミング良く聞いてあげれば、相手との話が弾み、好感度が上がることでしょう。

聞く内容が思いつかない時は、相手が女性なら、食べ物、テレビ、ドラマ、ファッション、男性なら、車・バイク、スポーツ、映画などの中から、相手の見た目から好きそうなものを想像して、聞いてあげればいいと思います。

例えば、体格のいい男性なら、スポーツや車などを聞いてみましょう。

もし、興味のないことを聞いてしまっても、恐れることはありません。

私:「○○さんは、どんなスポーツをされていますか?」

相手:「何にもしてないよ、どうして?」

私:「とても体格がいいから、スポーツで鍛えていると思っていましたよ」

相手:「なるほどね、実は〇〇をしているんだよ」

聞いた理由を伝えてあげれば、その後の会話につながりますから。




2.相手の話を聞くコツ

話させるコツをつかめたら、次は、聞き手として会話を途切らせないようにするだけです。

相手の話を聞くコツは、2つをマスターすればグンと上手になります。

  1. 身体を使ってアクションする
  2. 話したくなる相づちをする

a.身体を使ってアクションする

話を聞くときは、「あなたの話を聞いていますよ」というアクションをすることで、相手が気持ちよく話してくれます。

アクションは、身体をちょっと前かがみ(前のめり)気味にしたり、うなずいたりすると、「自分の話を聞いてくれているんだ」と思ってもらえます。

b.話したくなる相づちをする

相づちって重要で、悪い相づちだと、そのまま会話が終了してしまいますが、良い相づちは、話が膨らんでくれます。

【 話が終わってしまう悪い相づちの例 】

相手:「先週、○○山に登ってきたよ。」

私:「へ~誰と行ったんですか?」

相手:「昔からの山登り仲間とだけど」

これだと、せっかくの会話が途切れてしまいますので、ちょっと工夫をしてみましょう!

【 話が膨らむ良い相づちの例 】

相手:「先週、○○山に登ってきたよ。」

私:「お~すごいですね。気持ちよかったですか?」

相手:「最高だったね~、途中に綺麗な滝があってね~」

上手な相づちは、「誰と行った」という事実よりは、「きもちよかったですか?」という感情を入れることで、話がどんどん膨らみますので、「面白かったですか?」、「楽しかったですか?」、など感情を聞くのがコツです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コミュニケーションは、難しくて苦手な人が多いです。

この記事のコツを使ってコミュニケーションをすることで、今までより、少しでもコミュニケーション上手になれればと思います。

そして、怖がらずにどんどん話しかけてみましょう!