(2018-9-21更新)

書類選考から始まって、一次、二次、そして三次面接を突破して、「内定」をもらえた時は、満足もひとしおでしょう。

ここまで頑張ったご褒美として、ちょっとした贅沢もしたくなるものですが、まだ大切なことが残っているのです。

今回は、内定時にもらえる労働条件通知書(雇用契約書)の確認方法を解説します。

労働条件通知書(雇用契約書)の確認項目

労働条件通知書

労働条件通知書とは、労働基準法で「労働者を採用する時は、賃金、労働時間などの労働条件を書面などで明示しなければならない」と定められており、内定通知書や雇用契約書など名称が異なる場合もありますが、記載されている中身をよく確認します。

求人票や面接時に伝えられた内容を、実際の求人票や面接時のメモなどとよく見比べて、差異や不明点がある場合は、内定先に問い合わせましょう。

もし、求人票や面接時の内容と異なっても、労働条件通知書の記載事項が、正式な契約内容となってしまいます。

労働条件通知書には法律で伝えることが決まっている項目がありますので、最低限確認すべき、8つの項目を順に確認します。

1.契約期間

期間の定めの有無

期間の定めがある時、例えば、契約社員や、特定の期間のみの雇用の場合です。

その他、契約時に特に期間が決まっていない場合は、「無し」と書いてあります。

入社日(契約期間)

よくトラブルになるところは、入社日(契約期間)です。※社員の場合、記載ない場合もあります。

特に、欠員補充の場合などですぐ来てほしい時は、早い日付になりがちで、面接時に聞いていた日付より早い日付が記載されている場合がありますので、よく確認します。

通常は、最終面接で入社日の取り決めが行われますが、採用担当者が聞き間違えや勘違いをしていることもあり得ますので、よく確認してください。

また、その日までに退職できないなんてことのないように、入社日は確実に入社できる日付にする必要があります。

なお、退職で引き留めに合い、決めた入社日までに入社できなくなってしまうと、内定取消しもあり得ます。

契約更新の条件や試用期間など

契約社員等で、契約更新の条件がある場合は、契約更新の条件が書かれています。(勤務態度や出勤率など)

また、入社数か月間は、試用期間の場合もありますのでこちらも注意してください。

2.就業の場所

入社時に勤務する場所となります。

転勤の有無も確認しておくポイントです。特に、転勤の可能性が高い場合は、面接時にも聞かされていると思いますが、面接時に転勤の話がなかった場合、連絡して確認しておいた方がいいですが、全国に拠点がある企業で、一般職や地域限定社員などでない場合は、転勤は覚悟しなければなりません・・・。

3.業務の内容

業務の内容は、細かい作業内容ではなく、「○○業務全般」等、広く書かれています。

4.勤務時間

始業、終業の時刻

始業、終業の時刻が書いてあります。

通常勤務以外に、変則労働(交代勤務)フレックスタイム制度について書かれていますのでご確認ください。

また、顧客常駐の場合や、建設作業などの作業場所に直行・直帰する場合、みなし労働時間として書かれています。

管理職などで、裁量労働制の場合は「10時~14時を基本とし、労働者の決定に委ねる」などと書かれています。

休憩時間

休憩時間は、「60分」などとシンプルに書かれています。
実際の休憩時間が、12時~13時など決まっている場合でも、60分と書いてあるでしょう。

法律上、休憩時間の最低基準の規定があり、基準以下はさすがに無いと思われますが、念のため。

「労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない」(労働基準法第34条)

時間外労働

時間外労働の有無についてですが、多くの場合、「有」と書かれています。

なお、時間外手当(残業手当)、深夜手当、休日手当の詳しい内容は、以下関連記事を参照してください。

5.休日、休暇

休日

毎週何曜日が休日かが書かれています。
サービス業や接客をする仕事では、「毎週水曜」など、土日以外の店休日が休みになる場合や、店休日がない場合などは、シフト制や交代で休みを取ることになるので、「月当たり8日」などと記載されています。

ここで、よく耳にする勘違いは、「週休2日」は、1週間に必ず2日休みがあるわけではないということです。
週休2日は、月に1回以上2日の休みがある週があればよく、その他の週は、週1日の休みでもいいのです。

では、毎週2日の休みがある場合を何というかというと、「完全週休2日」です。

このように、求人票に見られる用語を正しく理解してないと、入社してから「思っていたのと違う」と後悔してしまいます。

就活、転職活動中に知っていてもらいたい用語については、関連記事を参考にしてください。

休暇

有給休暇は、「6か月継続勤務した場合、10日」などと書かれています。

(下に続く)



6.賃金、諸手当

賃金

基本賃金が、月給なのか日給なのか時間給なのか書かれていて、固定給以外の歩合・出来高制の場合「売上金の○○パーセント」など支給基準が記載されています。

特に、入社後に後悔しやすいことで、一定時間の残業代が給与の中に「みなし残業代(固定残業代)」として含まれている場合があります。

例えば、「基本給には、月40時間分の残業手当を含む」などと書かれており、40時間未満の残業の場合は一切の残業手当が出ないため、給与明細を見てガッカリしないようにしましょう。


みなし残業(固定残業)制度の詳細は、以下関連記事をご覧ください。

諸手当

家族手当や住宅手当、資格手当などが書かれています。

家族手当は、子供が何歳までもらえるか(高校卒業までか大学卒業までか?)、また、配偶者が一定以上収入あると打ち切られる場合もありますので確認してください。


また、基本給以外に、あまりにも各種手当が多すぎると、残業手当や賞与などが低くなる問題があります。

所定時間外手当

残業手当や休日出勤手当などの割増賃金が書かれています。

注意点は、残業したから無条件で割増賃金がもらえるわけではなく、労働時間が、1日8時間(1週間40時間)を超えた場合に支払われますので、例えば、「定時勤務が7時間で、1時間残業」しても、25%の割増賃金ではなく、通常の1時間分の給与が支給されます。

【割増賃金一覧表】
割増賃金一覧

賞与

賞与の有無と支給時期、および金額が書かれていますが、金額は明記されずに、「業績等を勘案して」などと書かれている場合が多いです。

退職金

退職金の有無と支給時期、および金額が書かれていますが、金額は明記されていないかもしれません。


退職金制度の代わりに確定拠出型年金制度がある場合、以下関連記事をご覧ください。

(下に続く)



7.退職に関する事項

定年退職

定年が年齢で決まっている場合は、「定年60歳」などと書かれています。

また、定年後の再雇用がある場合も「定年後65歳まで」などと書かれています。

自己事由退職

自己都合の退職の場合、「退職する1か月前までに届け出ること」などと書かれています。

解雇事由退職

主な解雇事由について、

  • 天災その他やむを得ない場合
  • 事業縮小等当社の都合
  • 職務命令に対する重大な違反行為

などと列挙され、詳細は、「就業規則第○○条~第○○条」などと書かれています。

8.その他

社会保険

社会保険の有無について書かれています。

社会保険には、「健康保険」や「介護保険(40歳以上)」、「厚生年金」、会社により「厚生年金基金」の加入有無が記載されています。

また、雇用保険適用有無についても書かれています。

尚、公務員、農業、漁業など、内容が異なる場合があります。

(下に続く)



まとめ

求人票や面接時の内容と労働条件通知書が違う場合でも、労働条件通知書の内容が正となります。

内容が違うと思った時は、たとえ小さなことでも転職先に連絡して確認をすることが重要です。

労働条件の交渉もあり

労働条件通知書を受け取り、給与面などが思ったより低い場合は、労働条件の交渉をすることができます。

労働条件の交渉は、安易に行うと、今後の会社人生で不利になる可能性があるので、この給与だと生活が厳しいなどのしっかりとした理由がある場合に行います。

労働条件の交渉方法は、以下関連記事を参照してください。

内定辞退方法

内定をもらったが、その後、本命企業からも内定をもらえたり、労働条件通知書の内容では納得できなかったりしたら、辞退することが可能です。

内定辞退する時は、内定通知書受領から3日以内に行えば、マナー違反になりませんので、よく検討して無理なら辞退します。

なお、内定辞退の方法とマナーは、以下関連記事を参照してください。

労働条件の交渉や内定辞退をスムーズにする味方

内定後の労働条件の交渉は、入社する会社に対して行うので、出来れば行いたくないが行わないと生活が苦しくなってしまいます。

こんな時は、本人に代わって代理人であるエージェントに任せてしまうことで、面倒から解放されることができます。

以下のエージェントは、管理人もお世話になったとこがあるので、自信をもってお勧めします。