月曜の朝、なかなか起きれなかったり、起きても会社に行くのが嫌になることってありませんか?

「月曜日の朝だけ起きられない」

「日曜の夜になると憂鬱(ゆううつ)になる」

これは、あなたが怠け者だからではなく、誰にでも起こり得る症状で、「ブルーマンデー」と呼ばれています。

今回は、そんなブルーマンデーの原因と、だるい症状の解消方法を解説します。

ブルーマンデーとは

月曜日の朝になると、身体がつらい、ダルいと感じて、仕事や学校に行くことが嫌になる症状をいいます。

何故、月曜日の朝はだるいのか?

月曜日の朝が辛くて、仕事を辞めてこのまま寝れたら、どれだけ幸せだろう!

そんな事まで考えてしまうほどのダルさには、ちゃんとした理由があります。

まずは原因を知って、この後に軽減する対策を行えば、来週から少しは楽になると思いますので、当てはまるところを見直してみましょう。

1.生活のリズムや睡眠のサイクルがずれている

体内時計が狂う

金曜や土曜に夜更かしをして、週末のお昼まで寝て過ごすと、生活のリズムが一気に崩れてしまいます。
また、夜更かしでなくても、週末は疲れを取るために、寝だめをしてしまうと、やはりリズムがずれてしまうのです。

こうした生活のリズムがずれてしまい、月曜の朝に無理やり修正しようとすると、それが「だるさ」として身体が不調を訴えてきます。

2.週末に飲み過ぎたため

1週間頑張ったご褒美に、週末はお酒を飲む人も多いでしょう。

特に、金曜に同僚や仲間と居酒屋に行き、盛り上がった勢いで飲み過ぎてしまうこともありますね。

そして飲み過ぎから身体が不調になったり、二日酔いになったりして、これが治らないまま月曜朝を迎えるから、だるくなってしまうのです。

3.週末が楽しかったため仕事が嫌になる

週末に家族や恋人、友達と楽しい時間を過ごした人は、月曜に仕事をするのかと考えただけで嫌になります。

週末に楽しければ楽しいほど、仕事との「落差」を感じてしまうからです。

4.仕事がつまらない

仕事が楽しければ、早く会社に行きたいと思うでしょうが、そういう人は稀でしょう。

休み明けにつまらない仕事をすることを考えたら、誰だって行きたくなくなるものです。

(下に続く)



月曜の辛さを克服するために

1.日曜の夜は早めに寝る

早めに寝る人

月曜の朝に辛いのは、日曜の夜になかなか寝付けなくて、朝起きても「寝足りない」、「疲れが取れていない」と感じることが原因であることが多いです。

そうは言っても、日曜の夜は寝ようと思っても寝られなく、「早く寝ないと」と自分にプレッシャーをかけてしまい
余計寝れなくなることもありますよね。

そうならないためのコツは、

  • 寝る1時間前から、パソコン、スマホを見るのをやめる
  • 日光を浴びて体内時計をリセットする
  • 身体を動かして疲れさせる

寝る前にパソコンスマホを見ない

パソコンやスマホの画面からは、ブルーライトが放出されていて、見過ぎるとメラトニンの分泌を抑えてしまうので、眠れなくなってしまうのです。

日光を浴びて体内時計をリセットする

日曜日の午前中に日光に浴びることで、ずれてしまった体内時計をリセットしてくれる働きがあります。

身体を疲れさせて睡眠を促す

日曜は、外出したり、身体を動かしたりして疲れさせておくと、夜に疲れてぐっすり寝ることができます。

もちろん、頑張り過ぎると、疲労で月曜がだるくなりますので、ほどほどに動かしましょう。

これは、小さい子をお持ちの方は経験あると思いますが、子どもを昼間に太陽の当たる公園などで遊ばせると、夜はぐっすり寝てくれるのと同じ考え方です。

なお、平日に体を動かす時間が無い人は、ぜひ週末にスポーツをしてみるのはいかがでしょうか?

2.ぬるま湯のお風呂にゆっくり入る

入浴

入浴によって身体が温まると、血行が良くなりリラックスすることができるので、副交感神経の働きによって眠りやすくなります。

ただし、熱いお風呂の場合は体の表面しか温まらなくて、副交感神経が働いてくれませんので、ぬるめのお湯(30~40度)に10分間はつかるようにしましょう。

寝る1~2時間前にぬるめのお風呂に10分間入る

3.週末に寝だめをしない

平日と同じリズムで生活していると、驚くほど、月曜の朝起きるのが楽になります。

つまり、平日の生活のリズムが土日で狂ってしまったので、月曜になっても、週末のリズムのまま無理やり早起きしようとしたから辛くなってしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

月曜の朝が辛いブルーマンデーは、誰にも起こることですが、だるいまま会社に出社するよりは、少しでも症状を軽減した方が同じ仕事するにも楽になりますので、この記事が少しでもお役に立てればと思います。