転職で内定をもらっても、まだ安心できません。

それは、期日までに退職しなければならないからです。

会社によっては、「辞めやすい」、「辞めにくい」特徴があると思いますが、内定をもらった以上、入社予定日までに、確実に辞めなければなりません。

今回は、退職交渉で引き止めに合い難航した時でも、円満退社する方法を解説します。

何故、企業は退職を引き止めるのか?

部署の同僚や上司の負担がかかるから

どの企業もギリギリの人員で業務を回しているでしょうから、退職者が出ると、その分の負担が同僚や上司に降りかかってきます。

もちろん、代わりの人材を他の部署から回してもらうか、採用して補充を行いますが、その人物が、あなたと同等の能力があるとは限らないし、能力があっても一人前になるまでは、周りのフォローが必要になりますので、結局は上司や同僚の負担が増えてしまいます。

会社や職場のモチベーションが下がるから

社内で退職者が出ると、「あの人が辞めるとは・・・」と同僚や他の社員に悪影響を与えます。
特に、優秀な人物の退職だと、「うちの会社ヤバイのでは?」と別の社員の退職を誘発することもあります。

また、人員を増やさずに、退職者の業務を周囲に振り分けて、個人の負担を重くしてしまったら、残された従業員のモチベーションは、一気に下がってしまいます。

上司本人の評価が下がるから

部署内で退職者が出ると、上司の管理能力が問題になることがあります。

「何故、事前に引き止められなかった」

特に、優秀な部下を退職されてしまった場合は、「上司の人望がないから退職された」と管理責任を取らせることもあります。

このため、部下が退職を申し出た時は、上司は自分の評価のために引き止めようとします。

よくある引き止め方法と4つの対処法

1.会社にとって必要な存在と言われる

退職を切り出された時に、

「君の将来に期待して、大事な仕事も任せていたのに」

「君がいないと仕事が回らなくなる」

と評価していることを情に訴えて、退職を思い留まらせることがあります。

対処法は?

今まで育ててくれた感謝を伝えると共に、ステップアップなどの前向きな理由を伝えます。

ここでのポイントは、企画の仕事がしたいなら、今の会社に「企画部門」が無いなど、社内では希望が叶わない理由にすることです。

社内に企画部門があったら、「異動させるから残れ」と言われた時に、断る理由が無くなってしまいます。

2.転職は失敗すると不安にさせる

「君の能力では、転職先で苦労する」、「新しい環境では慣れるまでが大変だぞ」など様々な方法で、不安にさせ退職を思い留まらせようとします。

対処法は?

何を言われようと、退職の意思が固いことをはっきり伝えることです。

少しでも心が揺らいだと見られたら、とことん揺さぶってきますので、退職の意思は変わらないことを伝えます。

3.給料や職場の変更などを提案される

退職の理由を待遇面や不満を言ってしまったら、待遇の改善や職場の変更を提案して退職を思い留まらせよとします。

ただし、よほど失いたくない人物でない限り、待遇改善などに応じてはいけません。
何故なら、一時的に待遇が改善するかもしれませんが、その後の昇給や昇進で、不利な扱いをされるので、長い目で見るとマイナスになることが考えられるからです。

企業は、ひとりのわがままを許してしまうと、収拾が付かなくなるので、「一度辞めようとした人物」とレッテルを貼って不利な扱いをしてきます。

対処法は?

一度退職を申し出た以上、たとえどんな提案をされようと、退職をする意思に変わりがないことを伝えます。

また、待遇の改善を口約束されても、後日、人事が難色を示したなどと、誤魔化されてしまう事もありますので、甘い罠と思って、断る強い意志を示します。

4.後任が決まるまで待って欲しい

退職することは納得されたが、引き続きの都合上、退職日を伸ばしてほしいと言われることもあります。

社内に後任がいない場合、新規に採用した人に引き続きを行いますが、素直に応じてしまうと数か月も待たされる可能性があります。

もちろん、転職先の入社日までの範囲で出来る限り応じる必要がありますが、引継ぎに時間がかかり内定が取り消されたら、今までの苦労が水の泡です。

対処法は?

「転職先の入社の兼ね合いがあるため、○月〇日までしか引継ぎは出来兼ねます」

とはっきりと伝えることが重要です。

それでも難色を示すようでしたら、

引継ぎのマニュアルを作成して、新人でも分かるようにしておきます

と最大限の誠意を見せれば、会社も納得してくれるでしょう。

(下に続く)



引き止められないために注意すること

引き止められないための注意点

円満退社するために、大切な注意点は4つあります。

1.退職の2か月以上前に相談する

退職願いの提出は、民法では退職日の2週間前と定められており、また、会社によっては就業規則で「1か月前までに申し出る事」などと決めているところもあります。

もちろん、就業規則には従うことは最低限ですが、実際に、1か月前に退職を申し出られても、代替人員の補充や引継ぎなどが間に合わないでしょう。

引継ぎが間に合わないことを理由に、退職を引き止められる口実を与えてしまいますので、退職は2か月以上前に、直属の上長に相談することが円満退社のコツです。

2.会社の繁盛期に退職を申し出ない

会社によっては、年度末や忙しい季節などがあり、こうした繁盛期に退職を言われると、「この忙しい時期に」と不満に思われてしまいます。

特に、忙しい時期は人間だれしも感情的になりやすいので、普段穏便な上司もピリピリしていることがあるので話し合いが物別れになることも考えられます。

社会人として、会社のことを思いやる心づかいが大切です。

3.退職理由に給料や待遇など不満を言わない

上司は部下の退職理由を気にしますが、ここで注意することは、会社の待遇や人間関係などの不満を言ってはならないことです。

何故なら、待遇面の不満を言った場合は、「待遇を改善するから残ってくれ」と引き止めの口実を与えたり、また、不満を言った場合は、上司としては不快な思い関係が悪化してしまうからです。

円満退社をしようとしているのに、会社の不満(悪口)を言うのは、マイナスでしかありません。

4.退職の相談をしない

上司に睨まれたくないからといって、内定が出ているのに、退職をしようか悩んでいると相談を持ちかけてはいけません。

人員過剰で余っている場合や、あなたがお荷物な社員であれば、新しい仕事にチャレンジするのもありと送りだしてくれるでしょうが、通常は、退職相談をしたら引き止められます。

引き止めを避けて退職するためには、最初から「退職したい」と切り出すべきです。

なお、退職交渉では転職先を聞かれることがありますが、よほど信頼関係がある場合を除いて、社名を答えることはデメリットしかありません。

退職先を聞かれたときの対処法は、以下関連記事で説明しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職活動の中で、一番の難関と言われている退職交渉をスムーズに行い円満退社するには、退職相談の時期や上手な理由、そして強い意志で臨むことがお分かりいただけたと思います。

退職を切り出す前に、こう言われたらこう説明すると、事前に想定問答を用意してから退職交渉を行うことが上手くいくコツですので、しっかり準備してから望みましょう。