面接の日にあいにくの雨・・・

「家にはビニール傘しかない」

こんな時に、傘の扱いには困ってマしまいますよね。

今回は、面接日の傘の選び方から雨の日のマナーまで、しっかりと解説します。

傘の選び方

基本は折り畳み傘

折りたたみ傘

就活でも転職でも、折り畳み傘をビジネスバッグに常備しておくことをお勧めします。

特に梅雨の時期や曇り空の日には、突然の雨で濡れることの無いように折り畳み傘がベストです。

小雨だからと油断していると、髪の毛や化粧が乱れるだけでなく、大切な履歴書やエントリーシートなどが濡れてしまい、水でにじんでしまった書類を提出すること避けなければなりません。

大雨の時は長傘

大雨の面接

折り畳み傘がいいと言っても、大雨の日には丈夫で大きいサイズの長傘がお勧めです。

大雨の中、折り畳み傘で頑張ってしまうと、スーツや足元がびしょびしょに濡れてしまったり、バッグの中身まで水が浸みこんでしまうことがあります。

ただし、長傘はかさばる上に、電車に忘れてしまったり、面接会場での扱いが面倒だったりと手間がかかることが難点です。

雨の日対策

次に、雨の日は傘以外にも持ち物や雨対策が必要ですので、忘れずにチェックしておきましょう。

雨の日に持っていく物

雨の日には、次のものを持参します。

  • タオル2枚
  • ビニール袋
  • 替え靴下、ストッキング
  • 傘カバー

特に、タオルはスーツとバッグを拭いたらびしょびしょになってしまうこともあるので、2枚は持っていくことが無難でしょう。

また、ビニール袋も水漏れしない厚手のものがあると重宝します。

履歴書やエントリーシートなどを濡らさないこと

大切な履歴書やエントリーシートを濡らさないために、クリアファイルに入れてから、さらに、ビニール袋に入れ、絶対に濡らさないように気を付けます。

入社後も、お客さまに提出する大切な書類は、濡らすことが許されませんので、雨の日対策をマスターしておきましょう。

傘の取り扱いマナー

建物に入る前に水を切る

雨の日は、面接先企業の建物の床を濡らさないように、建物に入る前に傘は水気を落とし畳み、スーツやバッグに付いた水滴をタオルかハンカチで拭きます。

折り畳み傘の場合は、建物に入る前に畳んでバッグにしまいましょう。

入口に傘立てがあれば利用させてもらう

建物の入口に傘立てがあれば、遠慮せずに利用させてもらっても構いません。

傘立てがあるのに利用せず、傘の水滴で会社の床を濡らしてしまう方が、逆に失礼になりますので、利用させてもらいます。

ただし、帰りに取り違わないように、傘の持ち手にシールなどを貼っておくのも一つの方法です。

傘を面接室に持ち込む時の置き方

企業に傘立てが無い場合は、面接会場まで持ち込むことになりますが、この時、次の事に気を付けています。

  1. 傘の水気を拭き取り、留め具でとめる
  2. 鞄の横に持ち手を面接官に向けて置く

傘を置くときは、鞄の横に平行になるように並べて置き、傘の先端を面接官に向けないように注意します。

もちろん、床に置かせてもらうので、鞄と傘は水気を拭き取っておく必要があります。

(下に続く)



雨の日は早めの行動を

晴れの日より15分前に企業に着くように移動する

雨の日の面接では、いつもより早めの移動を心掛け、晴れの日より、さらに10~15分早く着くようにします。

雨で、電車やバスが遅れる事がある

雨の日の交通機関は遅れる可能性が高くなりますので、遅れても大丈夫なほど早めに移動して、早く着いたら、カフェなどで面接の最終確認をするくらいの心の余裕が必要です。

スーツやバッグに付いた水滴を乾かす、化粧や髪形を整える時間

スーツやバッグ、髪の毛が濡れたまま面接することは、印象が悪いだけでなく、企業の床などを濡らしてしまうので、ビジネスマナーとしても避けたいことです。

また、女性のメイクが雨で乱れることがありますので、しっかり整えて望みたいです。

面接は、自分を売り込む場であり、お見合いの場でもあります。
雨で乱れてしまっては、第一印象が悪くなり、選考結果にプラスになることは何一つありません。

面接の第一印象の重要性は、関連記事で詳しく解説しています。