履歴書の賞罰欄ってご存知ですか?

最近の履歴書では、「賞罰欄」がないものが主流ですが、昔の名残で職歴の後に「賞罰なし」と記入する人もいます。

アピールにつながる内容でしたら、ぜひ書いておきたいところですが、そもそも賞罰って何を記載するか悩みますね。

今回は、履歴書の賞罰とは何か?から書く基準までを解説します。

賞罰とは何か?

賞と罰のことで、「賞」は表彰や勲章歴を、「罰」は犯罪歴、いわゆる前科をいいます。

履歴書に書く場合、「賞」は自己アピールとして任意で記入しますが、「罰」は申告しなかった場合、告知義務違反として、内定取消しや解雇になることがあります。

罰は書かなればならないか?

賞罰欄
罰も積極的に告知するまで求められているものでないので、どうしても書くことができない場合は、賞罰欄の無い履歴書を使えばよいのです。

通常世の中に出回っている履歴書は、JIS規格を含めほとんどが「賞罰欄」がありませんので、市販の履歴書を使えば書く義務が無くなります。

面接で聞かれたら答えなければならない

履歴書に賞罰欄が無かったからといって安心していても、面接時に「罰」を聞かれることがあります。

もし、面接で「罰」を聞かれてしまった時に、嘘をついてはいけません。

罰を偽って入社したらどうなる?

ほとんどの企業が就業規則で、入社時に「告知義務違反があった場合は解雇事由に該当する」などと定めていますので、解雇される可能性があります。

企業としても、犯罪歴を偽って入社した人を「信用できない」人物として容赦なく切り捨ててくるでしょう。

(下に続く)



賞罰を記入する基準

賞の記入基準は全国レベル

例えば、スポーツ大会や芸術・文化のコンクールの入賞などを書くことができますが、全国大会レベルや有名な賞に厳選します。

また、捜査協力や救助など警察や消防署からの感謝状をもらった時も書くようにしましょう。

なお、あまり昔の賞を記入してしまうと、「そんな昔のことをアピールしても・・・」とあまり心証がよくないので、社会人になってからの賞を書いた方がいいでしょう。

賞を書く基準
  • 全国大会レベルの入賞
  • 官公庁からの感謝状
  • 学生時代の賞は書かない

罰は刑事罰を書く

罰については、罰金刑以上の刑罰を記載しなければなりません。

具体的には、懲役、禁固、罰金のことを言いますが、たとえ執行猶予が付いたとしても、刑が免除される訳ではないので罰に含まれます。

また、義務違反や交通違反などの行政罰は除きますが、交通違反でも、いわゆる「赤切符」と呼ばれる反則点数6点以上の重大な違反については、「罰金」が科せられますので記載しなければなりません。

なお、執行猶予が満了したり、刑の効力が消滅すれば、当然に罰では無くなりますので記載不要です。

まとめると以下の表の通りです。

履歴書賞罰の基準

ドライバーの応募は注意

交通違反で「青切符」の場合は、行政罰なので「罰」としては記入不要ですが、ドライバーの求人については、青切符でも企業に告知することが多いので注意です。

ドライバーという職業の特性上、業務中に1点の軽微な違反でも起こされたら問題になりますので、入社時に運転記録証明書の提出が求められる場合が多いです。(バスやタクシー、トラックは、確実に求められます)

運転記録証明書の証明期間は、1・3・5年がありますが、会社からは3年、5年のどちらかを求められますので、応募前に地震の運転記録を確認してみることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

履歴書の賞罰は、「賞」はアピールポイント、「罰」は告知義務ということがご理解いただけたと思います。

最近の履歴書は、JIS規格でも賞罰欄がないので、アピールすることが無ければ、あえて賞罰欄を設けてでも記入するものではありませんが、「罰」については面接や誓約書、雇用契約書など、様々な方法で聞かれることがあるので、基準を理解しておいた方が良いと思います。

なお、履歴書の趣味欄になんて書いていいか悩んだら、関連記事を参照してみてください。