寒い季節になってきましたね。

冬の就活、転職活動では寒さ対策としてコートやマフラーや手袋をして面接に行く人も多いと思います。

いくら寒いからといっても、面接ではフォーマルな場としてのマナーがあります。

今回は、面接会場でのマフラーや手袋をしまうタイミングやマナーについて解説します。

面接時のマフラーと手袋のマナー

まさか、マフラーと手袋をしながら面接を受ける人はいないと思いますが、どのタイミングで外すのかを理解していないと、マナーを知らない人と思われてしまいます。

ビジネスマナーとは

社会人が企業で働く上でのマナーのことで、特に、お客さまなどの外部の人に対しては、不快な思いをさせることは、人間関係を築く上でマイナスなのでマナー違反となります。

このため、マフラーや手袋などは、自分がいいと思っても、相手に不快な思いをさせてしまったらマナー違反になるので、相手目線でマフラーなどを選ばないとなりません。

面接時にふさわしいマフラーと手袋は?

正直に言って、マフラーや手袋が原因で面接に落ちることはめったにありませんが、面接の場では応募者のビジネスマナーがどの程度なのかも試されるので、入社した後のことも考えてマナー違反のないようにしましょう。

スーツに合わせた色と柄

マフラーや手袋の色はそれほど神経質になる必要はありませんが、外を歩いている時に応募企業の人に見られる可能性もあるので、派手ではない色が無難です。

薄手でシンプルなマフラー

面接のマフラー

特に女性に多いことですが、プライベートでは大きなマフラーやストールを好んで使っている人も多いと思いますが、ビジネスの場ではふさわしくないので、入社後にも使えるビジネス用マフラーを、1本用意しておくことが望ましいです。

また、外した時にバックに入れることを考えると、薄手でボンボンなどの飾りがついてないマフラーがベストです。

シンプルな手袋

手袋もマフラーと同様に、シンプルなものがいいでしょう。

(下に続く)



マフラーと手袋をしまうタイミングは?

マフラーと手袋は、企業の建物に入る前に外します。
複数の会社が入居しているオフィスビルの場合は、面接企業が入居しているフロアに入る前に外します。

これは会社訪問と同じで、訪問企業の人たちに対して、失礼のないようにするためです。

マフラーと手袋はバックに入れる

では、外したマフラーと手袋はどうするかと言うと、どちらもバックの中にしまいます

この時に、バックに入らずに外にはみ出さないように、少し大きめのバッグを使うか薄手のマフラーを使うなどの工夫をしましょう。

どんなに面接内容が良かったとしても、バックからマフラーがはみ出しているようでは、だらしない印象を持たれてしまいますから。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マフラーと手袋の選び方から着脱のタイミングを理解いただけたと思います。
このマナーは入社後の客先訪問にも使えますので、しっかりとマスターしておきましょう。

社会人になると、健康管理はできて当たり前ですので、寒い時には我慢せず、コートやマフラー、マスク、手袋などしっかりと防寒対策をして風邪をひかないようにしましょう。

風邪を引かないことも仕事の一つです

あなたが風邪で休んでしまったら、お客さまや上司、同僚に迷惑をかけてしますから。

なお、面接時のマフラーとマスクのマナーについては、関連記事で詳しく説明していますので理解してマナー違反のないようにしましょう。