ビジネスでは、お客様や取引先と初めてお会いした時に必ず行われるのが「名刺交換」です。

新社会人や普段名刺交換をしない人にとっては、緊張したりドキドキしたりしてしまいますね。

それでも、正しい名刺交換方法を心得ていれば、緊張しながら名刺交換しても問題ありませんが、若い人だけでなく年配の人でも多いのが、間違えた名刺交換方法です。

今回は、あなたも間違えて覚えているかもしれない、正しい名刺交換方法とマナーについて解説します。

名刺交換とは

名刺交換

自己紹介の挨拶の一部として、自分がどこに所属している誰なのかを明らかにするために、自分の「分身」である名刺を渡すことです。

ビジネスでは、初対面相手に対して、言葉の挨拶と名刺交換がセットになって挨拶が完了します。

正しい名刺交換方法

1.名刺を出す順番

名刺を出す順番は、間違えて覚えている人が多く、その会社全員が間違えてたりすると「この会社大丈夫かな」不安になったりしますが、特に、年配の人の場合は、間違えて覚えた方法が身について、もう治らないだろうなと思ってしまいます。

名刺を出す順番(1対1の場合)

名刺を出す順番(1対1)

目下の者が、先に名刺を出す

営業では仕事(お金)を頂く側が目下に、営業以外では訪問者が目下になります。

名刺を出す順番(複数人)

名刺を出す順番(複数人)

グループ内では、上司→部下の順番で行う
(目下側が、先に名刺を出す)

【2対2の名刺交換順番】

お客さま(A課長、B担当様)、こちら(C課長、D)の場合

  1. A課長とC
  2. B担当様とC
  3. A課長とD
  4. B担当様とD

C課長がお客さま全員と名刺交換をしてから、Dさんが名刺交換を始めます。
(すべて、C課長とDさんが、名刺を先に出します)

2.名刺の出し方

  1. 名刺を相手が読める向きにする
  2. 「〇〇株式会社△△課の□□と申します」と挨拶・会釈をする
  3. 名刺を、「相手の名刺より下の位置」に差し出す
  4. 相手が名刺を出して来たら、「頂戴します」と言い、相手の名刺を受け取る

実際の交換の場では、名刺を双方が同時に出す「同時交換(※1)」で行われることが多いと思いますが、その場合

  • 右手で渡す
  • 左手で受け取る(すぐに、右手を添える)

というイメージで行うと、スムーズに交換できます。

(※1)同時交換とは、こちらが先に名刺を受け取ってしまうと、相手が「格下」となってしまうのを避けるために、同時に交換する方法です。

3.名刺の並べ方

交換した名刺は、すぐに名刺入れに入れるのでなく、打ち合わせの間テーブルの上に置くようにします。

この時、

  • 一対一の場合は自分の名刺入れの上に相手の名刺を置く
  • 相手が複数人の場合は、相手の中で一番役職の高い人の名刺を自分の名刺入れの上に置き、他の人の名刺は直接テーブルの上に並べる

テーブルの上の並べ方は、席順通りに、

「左側の人は左側、真ん中の人は真ん中、右側の人は右側」

に並べるようにします。

(下に続く)



名刺交換のマナー

名刺交換の方法と並べ方がわかりましたので、次は名刺交換のマナーを紹介します。

1.名刺を渡す時

  • 汚れたり折れたりした名刺を出さない
  • テーブル越しに名刺交換をせずに、相手の側に行き交換すること
  • 自分の名刺のロゴマークや文字が、指で隠れないように出す

名刺入から出した時に、自分の名刺が汚れてないか折れてないかを確認して、綺麗な名刺を相手に渡すように心がけます。

2.名刺を受け取る時

  • 相手の名刺のロゴマークや文字を触らないように、空白(スペース)の部分を持つように受け取る
  • 目上の人が先に名刺を出してきても、先に受け取らない

役職の高い人には謙虚な人が多いので、こちらがもたもたしていると、先に名刺を出してきますので、先に名刺を出されても受け取らずに、遅くなってもこちらの名刺を先に差し出します。

3.名刺を受け取った後

よく、名刺に相手の特徴などを記入する人がいますが、相手の目の前で相手の名刺に書き込んではいけません。

名刺は相手の分身なので、相手の顔に書き込むのと同じことになります。
どうしても名詞に何か書きたいときは、会社に戻ってから記入します。

4.その他

名刺は必ず名刺入れに入れて持ち歩き、手帳や定期入れなどから出して渡すことはマナー違反です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

名刺交換は、初対面の相手とは必ず行うものですので、正しいやり方を身につけ、相手から好印象を持ってもらえるように心がけましょう。

マナー違反の間違えた名刺交換をしてしまい、「○○さんは名刺交換方法を知らないんだよね」と陰口を叩かれ無いように気を付けましょう。

なお、派遣社員などで名刺を持たせてもらってない時の名刺交換方法は、関連記事で紹介しています。