内定を取るために必死に頑張ってきた就職活動。

やっと内定を手に入れても表情が暗い学生って意外に多いです。

「この会社に入って大丈夫だろうか?」

「社会人としてちゃんと働けるだろうか?」

と会社や働くことへの不安から、憂鬱な気分になる、いわゆる「内定ブルー」となって現れてきます。

今回は、内定ブルーの原因と解消法を解説します。

内定ブルーとは

内定後に、企業に対する不安と、自分の能力や社会人として働くことへの不安を感じることで、主に就活生がこの症状に陥りやすいです。

もちろん就活生だけでなく、転職で内定をもらった時にこの内定ブルーになってしまう人もいます。

憂鬱になる原因は?

内定ブルー

内定ブルーは、3年生の後半から必死になって業界・企業研究から始まり、インターンシップやOBOG訪問、そして応募書類の作成など、学業の合間に寝る間を惜しんで頑張った就活が終わり、心の余裕ができた時に

このままでいいのだろうか?

といろいろ考えてしまって、会社や将来が不安になってしまうことが原因ですが、主な4つの不安と解消法を紹介します。

1.会社に対する不安

しっかり企業研究をして、会社訪問の先輩方や面接官の人柄も良さそうだったので入社を決めたが、

本当にこの会社に入っていいのだろうか?

他にもっと良い会社があったのではないか?

と不安になってしまう学生は結構います。

特に、インターネットの掲示板なので、「企業の悪い書き込み」を見てしまったら、途端に不安になってしまう内定ブルーに陥ってしまいます。

2.自分の能力に対する不安

エントリーシートや面接の受け答えで、

私は○○が得意です!

長所は忍耐力があることです!

と自信気にアピールをして内定を獲得したが、冷静に考えると本当にアピールした能力があるだろうか?

「うちに来た新卒社員、ぜんぜん使い物にならない」

と職場の人から言われないだろうか?
入社が近くなると、日に日に不安が増してきます。

3.環境が変わることへの不安

今まで4年間通い続けた大学を卒業して、初めて会社に入ることになります。

場所や環境が変わることへの不安は、「クラス替え」「高校入学」「大学入学」など学生時代も何度も経験していて、変わることへの不安や恐怖を知っているので、卒業が近くにつれて入社に対する不安が大きくなってしまいます。

4.働くことへの不安

環境の変化と似ていますが、会社で働くことへの不安はどの就活生も感じるのではないでしょうか?

今までは、自分の3~4歳年上の先輩と部活やサークル活動などをした経験がありますが、会社に入ると親と同じ年齢の上司・先輩や60歳の大ベテラン社員とも接しなければならなくなります。

また、年齢だけでなく職場には怖い社員や仕事に対して厳しい社員がいるので、上手にやっていけるか不安に感じる人もいると思います。

「新人+年下+未経験」という一番弱い立場で入社するので、不安だらけになるのも無理はありません。



(下に続く)





内定ブルーの解消法

1.実際に企業で働いてみる

内定ブルーの解消働く

企業への不安と環境の変化や働くことへの不安の時は、会社で働かせてもらうことで解消する場合が多いです。

今まで接してきた、OB訪問の先輩や内定者懇親会で知り合った先輩社員たちは、会社の顔ともいえるできる社員の部類の人たちなので、実際に働く職場には様々社員やパートの人たちもいるのでギャップを感じることがあります。

それならば、入社までの期間に内定先企業で働かせてもらえば、不安が解消するのでははいでしょうか。

採用担当者に相談して、インターンシップかアルバイトとして働きたいことを伝えれば、受け入れてくれることもあります。

入社前に働くことは、内定ブルーの解消だけでなく、業務知識やビジネスマナーなどが入社前に身についてしまうので、同期に差を付けられるメリットもあります。

2.読書や勉強をして自分を磨く

内定ブルーの解消働く

自分に自信が無い場合は、自分を磨いて入社を迎えることをおススメします。

読書でもいいし、専門分野でもいいし、全く新しいことでも構わないので、知識を身に付けて自信を取り戻しましょう。

この場合、「月2冊本を読む」などの達成可能な目標を決めることが効果的で、目標を達成することで「やればできる」と自信がつくので、今までの不安がいつの間にか解消されていることもあります。

3.趣味やスポーツに没頭して忘れる

内定ブルーの解消スポーツ

最終手段は、好きなことに全力投球して不安を忘れることです。

時間があるときは、趣味でもスポーツでも、自分が夢中になれることを行えば、就職の不安なんて忘れてしまいます。

時間や心に余裕があるから不安になるので、寝る間を惜しむほど夢中になってしまえばいいのです。



まとめ

いかがでしたでしょうか。

就活中は、他のことを考える余裕がないほど忙しかったから、先の不安なんて一切感じていなかったのに、内定をもらい時間に余裕ができると、「色々と考えすぎてしまい」内定ブルーになってしまうものです。

学生から社会人に変わるのですから、不安がない人なんていません。

他の学生も多かれ少なかれ不安を抱いているし、OBの先輩方も経験してきたことなので、

誰もが通る道

と割り切ってしまいましょう。

40年間の会社生活では、もっと辛いことを山のように経験しますから。