やっとの思いで大企業に内定をもらっても、入社したら次々辞めていき、3年以内に3割が去ってしまう。

「学生の頃のイメージと違う」

「雑用ばかりで、仕事がつまらない」

何故、あれだけ憧れていた大企業を辞めてしまうのか?

今回は、大企業の現実と辞める前に知っておく対処法を解説します。

何故大企業に憧れるのか?

大企業信仰が強い日本人

大企業を夢見る学生

日本人は、企業ブランド信仰が強い傾向にあり、

  • 「どんな職に就きたいか」でなく「どこの企業に就職するか」を重視
  • 親は子供を大企業に入れたがる
  • 結婚相手の条件が「大企業」かどうか

確かに、大企業は中小企業に比べて給与も安定性も格段に良いので、大企業に入社したら自分から辞めない限り、定年までほぼ安心して勤めることができます。

それなら、大企業に入社した新入社員が、わずか数年でやめてしまうのは何故でしょうか?

入社したらイメージと違っていた

学生時代の就活で、さんざん企業のことを調べて、会社説明会やOB訪問などで、仕事内容や「社員の声」を調査して入社しているにもかかわらず、新入社員研修が終わり職場に配属された頃から、一人、二人と辞めていくのが現実です。

最近の新入社員は忍耐力がない

などと言う人がいますが、実は、入社3年で3割が辞める現象は、ここ数十年変わらない傾向なのです。

では、何故辞めるのかというと、会社説明会やホームページなどの「社員の声」や「社員インタビュー」などは、その企業で活躍している人を紹介しているからです。

つまり、企業の中でも優秀なエリートたちの声や働く姿を見て、自分の入社後のイメージを思い描いているので、入ってみて、理想とイメージと異なり落胆してしまうのです。

入社後は雑用をしながら仕事を覚える

また、新入社員にいきなり重要な仕事を任せる会社はありません。

仕事のミス一つで、顧客から信用を失うことだってありますので、特にビジネスマナーも経験もない新人に、会社説明会などで聞いた「カッコいい仕事」を行わせることはなく、運が良くても、先輩のアシスタントをさせてもらうことがせいぜいです。

まずは雑用をしながら、

  • 仕事のやり方
  • 人間の付き合い方
  • 会社のルール

などを学んで、少しずつ「重要度の高い仕事」をさせてもらう事ができるようになるのです。

石の上にも三年

という言葉が意味している通り、学生時代に思い描いていた仕事をさせてもらうまでには、最低数年、仕事内容によっては、10年かかることだって珍しくありません。

大企業は専門性を重視する

中小企業と違って、大企業は仕事の分業体制が取られているので、「ある分野の一部分」を専門的に深く追求する傾向があります。

  • 中小企業:広く浅く
  • 大企業:狭く深く

このため、「専門的な狭い部分」を毎日行うので、はっきり言って「つまらない」と思って辞めていってしまう人もいます。

実際に商談の場面では、中小企業は1人なのに対して、大企業は4~5人も出てきて打ち合わせになることがあり、中小企業側は1人ですべて受け答えするのに、大企業側は「この件はAさん、ここはBさん・・・」と受け答えする人が違ってきます。

この専門性の深さが大企業の強さの秘訣なのですが、「あれもこれもやりたい」という人には大企業は向かいないのかもしれません。

(下に続く)

辞めたいと思った時にすること

それでも辞めたくなった場合はどうすればいいのか、辞める前に行う対処法を解説します。

定期人事異動を待つ

大企業では、社員に様々な職場を経験させ、知見を広めてもらうために3~5年程度ごとに定期的に人事異動を実施するところが多いです。

現在の仕事や職場の雰囲気が嫌でも、異動先の職場では働きやすかったり、やりがいのある仕事をさせてもらえたりすることもあるので、人事異動を待ってみるのもよい方法です。

40年間に及ぶ会社生活では、時には嫌な上司、嫌な仕事をすることだってあります。

長い目で見たら、「あの時辞めなくてよかった」と思うこともありますので、まず人事異動を待って、新しい職場が嫌だったら、その時辞めればいいのです。

あの人すごいと思われるように学ぶ

働いてからも学ぶ

大企業への就職はゴールではなく、会社人生の始まりにすぎません。

これからの人生を豊かにするためには、どんどん学ばなければなりません。

  • ビジネスマナーや敬語を徹底的にマスターする
  • 仕事を完璧に覚える
  • 業界や会社のことを知り尽くす
  • 人脈を広げて有能な人とつながりを持つ
  • 資格を取得する

入社後に怠けて過ごした人と、学び続けた人では、30代になると違いが出始めて、仕事内容やポジション、給与などが大きな差となって現れます

頑張り続けていれば、周囲だってきっと分かってくれますので、悔しさをバネに自分磨きに挑戦してみてはいかがでしょうか

まとめ

いかがでしたでしょうか。

せっかく大企業に入社したのに、数年でやめてしまうのはもったいないです。

実は、たった数年では、その企業の「ごく一部」しか見ることができず、その一部分で良い悪いを判断してしまうと、後々後悔してしまうこともあるかもしれません。

辞めるのはいつでもできる

サラリーマンは、「退職」はいつでもすることができますが、一度退職すると、よっぽどのことがない限り元の会社に戻ることができませんので、本当に今が辞め時なのかをじっくり考えてみてください。