応募すれば書類選考は通過するが、面接では何故か落ちる人っていますね。

特に、高学歴で大企業出身者だと、採用担当者も合って話を聞いてみようとするものです。

「条件が合わなかった訳ではない」

ところが、いつも面接の手ごたえは良いけど、何故か内定に結びつかない。

今回は、経歴が申し分のない高スペック転職者が陥りやすい特徴を解説します。

敬遠される高スペック転職者の4つの特徴

高スペック転職者が陥りやすい特徴

実績のアピールが強すぎる

面接で自己アピールをする時は、実績を織り交ぜながら行うことで、面接官にも納得してもらえますが、あまりにも「○○ができます」、「○○を達成しました」、「顧客から○○の評価を得ました」などとアピールに終始してしまうと、聞いている方はウンザリするだけでなく、

  • 「では何故転職するのか?」
  • 「どうして当社に入りたいのか?」
  • 「うちで何をしたいのか?」

面接で本来伝えるべき肝心なことが置き去りにされて、実績のアピールに終始してしまい、これでは、採用したいと思ってもらえません。

ポジションにこだわる

入社時の肩書にこだわり、現職以上のポジションを要求する人も意外に多いです。

  • 「課長待遇で入社できた」

家族や友人に良い待遇で転職したことを言いたい気持ちは分かりますが、採用企業は「どこの誰か分からない人に、いきなり管理職は厳しい」と考えるでしょう。

実際に、採用したいから仕方なく管理職で迎え入れて、「とんでもない人物」だったら、その組織は機能しなくなってしまいますので、まず平社員か1ランク落として採用して、問題なければ昇進させたいと考えるのが自然ではないでしょうか。

特に、管理職で迎え入れても、「あの新しい人はエラそうに」などと周囲の反感を買ってしまうと、足を引っ張られて能力を発揮するどころでなくなってしまいます。

(下に続く)

無表情・コミュニケーションが苦手

自己紹介や面接の応答でも、表情を変えずに淡々と話す応募者がいますが、仕事はできるだろうが何か物足りない。

  • 「仕事は一人で行うものではない」

ビジネスでは、社内外ともに人と人のつながりで成り立っているので、「優秀だけどロボットみたいな人」と「ちょっと抜けているけど愛嬌がある人」だったら、後者を仕事をしたいですね。

学歴もよし、スキル・実績もよし、でも人間味がないため、「この人は周囲と上手にやっていけるのだろうか?」と不安になってしまいます。

想定外の出来事に対応できない

面接官は、応募者がどれだけ柔軟性があるかを確認するために、あえて「変な質問」や「答えられない質問」をしてくることがあります。

これは、想定外の出来事(質問)に対して、どう対応するかをみる意図があります。

  • 「答えられない質問をしたら、黙ってしまった・・・」

これでは、「つまずいた時にくじけるのではないか?」「精神的に弱いのではないか?」「教科書通りでないと仕事ができない人」と判断されても仕方ありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あなたがもし、「ハイスペックな持ち主なのに、何故か面接に落ちる」人でしたら、ちょっと修正するだけで、内定がもらいやすくなるでしょう。

なお、面接が苦手な場合は、模擬面接をしてもらうことで、第三者目線で修正箇所を見てもらうことができますので、一度受けてみてはいかがでしょうか。