長年働いてきた会社を辞めて転職をすることになったが、

「スーツはどんな色が良いのか?」

仕事でスーツを着る人も着ない人も、面接用のスーツはしっかりと決めたいと考える人も多いと思います。

今回は、転職面接でのスーツの定番おススメの3パターンを解説します。

転職ではリクルートスーツは控える

新卒の就職活動では、何も考えずに「リクルートスーツ」を着ていればOKでしたが、それは、リクルートスーツが持つイメージである「フレッシュ」に学生がマッチしているからよいもので、経験者採用である転職では、

  • 未熟
  • 若い

というイメージが先行してしまいますので、着ていて得することはありません。

また、転職では、「企業の社風に合うか?」「職場で上手くやっていけるか?」などを面接で判断しなければならないので、リクルートスーツを着ていたら、

  • 「TPOをわきまえることができない」
  • 「ビジネスマナーに問題がある」

違和感のある服装から、マイナスのイメージを連想されてしまいます。

特に、顧客と接する職業の場合は、「その場の空気」を読み、顧客に信頼してもうことでビジネスチャンスにつながるのに、違和感のある服装をされてしまったら、

「この会社大丈夫なのかな」

と疑われてしまったり、大切なビジネスチャンスを逃したりすることがあるので、面接官に

この人なら任せても大丈夫

と思われるようなスーツを着ていることが重要です。

スーツを選ぶときのポイント

面接では、応募者の見た目・服装・言動など、ありとあらゆることから、その人柄を判断されてしまいますので、

  • 仕事ができそう
  • 安心感がある

と思われるように、自分に合ったスーツを着ていくことが、内定率アップにつながります。

次からは、管理人おススメのスーツの組み合わせを解説しますが、

自分の身体に合ったサイズ

ことが前提ですので、昔に買ったスーツで体型合わなくなったら、転職の機会に購入することをおススメします。

スーツの色ベスト3【男性】

転職のスーツ定番ベスト3

【3位】ネイビー(ストライプ柄)

リクルートスーツでは、ストライプ柄を見かけることはありませんが、それは、学生の持つフレッシュに合わないためです。

ただし、転職では、年齢層が上がるにつれて「ストライプ柄」を着る人の割合が増える傾向にあります。

ストライプ柄はどういう印象を与えるかというと、

  • 誠実
  • 洗練
  • 紳士的
  • 安心感

上記のように、落ち着いた大人の印象を与えることができますので、「この人と仕事をしたい」「仕事を任せられる」といったプラスの印象を付けることができるので、リーダーや管理職の転職には特におススメしたいスーツです。

【2位】グレー(無地)

こちらもリクルートスーツでは無い色ですが、ビジネスのスーツとしては一般的です。

グレースーツの色の特徴として、

  • 知的
  • 親しみやすい

といった印象を持ってもらいやすいので、相手に警戒心を与えずに「スッと」入っていけることも可能です。

ただし、薄いグレーだと安っぽいイメージを持たれてしまうことがあるので、できれば、濃い目のチャコールグレーなどを選ぶと、「できる男」の印象が引き立つことでしょう。

【1位】ネイビー(無地)

どの年齢層にもあう「鉄板」なのがネイビー(紺)です。

ネイビースーツの特徴として、

  • 信頼
  • 誠実
  • 真面目

といった印象を与えることができます。
特に、商談など大事な場面では「ネイビー」が鉄板なのは、ネイビーが人に与える「信頼」や「誠実」といったイメージがあるためです。

(下に続く)

スーツは着こなすことが基本

スーツは自分の身体に会っていないと、いくら高いスーツをきても、違和感をもたれてしまい、

この人大丈夫かな?

と逆にマイナスイメージが先行してしまいます。

このため、昔に買ったスーツで、身体に合わないものは面接という場では着るものではありません。

特に、面接というフォーマルな場では、大きすぎても小さすぎてもダメで、自分の身体にピッタリ合ったものを着ることが基本です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スーツは、面接官が最初に目に付くところなので、色や着こなしで第一印象を左右するほど大切なものなのです。

売り手市場とは言え、「良い転職先」、「良い条件」で転職を成功させるためには、対策できる部分はしっかりを行うことが得策です。

もちろん、スーツだけで採用されることはありませんが、たんすに眠っていたスーツでよりは、身体にフィットした服装で好印象を持たれた方が、有利になることでしょう。