求人票でよく見かける「社員登用制度」。
社員になれるのは分かるけど、一体どんな制度で試験があるのか気になりますね。

今回は、正社員登用制度の仕組や試験について解説します。

正社員登用制度とは

社員登用制度

契約社員や準社員、アルバイト、パートなどで働いている人たちを、「正社員」として採用する制度のことをいいます。

働いている人にとっては、正社員になれることで、給与面・待遇面で安定して働くことができるメリットは大きく、企業側も、どんな人か勤務態度・成績を見てから登用できるので、採用のミスマッチを防ぐことができます。

メリットは?

社員登用制度のメリットは、次の通りです。

  • あらかじめ、企業の社風や人間関係、仕事内容を知ることができる
  • 仕事をし続けることができるか判断できる
  • ブラック企業を避けることができる

実際に、働くことで「この企業でやっていけるか?」「仕事は大丈夫か?」などを知った上で、社員になるか判断することができるので、いきなり知らない会社に社員として採用されるよりは不安が無くなるメリットがあります。

デメリットは?

ただし、社員登用制度にもデメリットがあります。

  • 仕事内容が変わる可能性がある
  • 他の部署への異動がある
  • 責任が重くなる

正社員となることで、人事異動の対象となったり、仕事内容が変わったりすることが考えられます。

今までは、「これだけやっていれば良かった」のに、責任が増えて「あれもこれも」行う仕事が増えることは十分考えられます。

さらに、日常業務以外にも研修や発表などの活動を行わざるを得ないなど、「非正規」の頃に比べて、やる事が増えるデメリットがあります。

社員登用は誰でもできる訳ではない

正社員になるためには、会社から認められる必要があります。

もちろん「勤続年数が長いから」という理由で社員登用される場合もありますが、

  • 勤務態度が良い
  • 成績優秀
  • 真面目で頑張っている

などが会社に認められて、「社員としても活躍が期待できる」と判断された場合に、社員登用試験を受けさせてもらえることが多いです。

(下に続く)

「社員登用制度あり」に注意

求人票には「社員登用制度あり」と書かれていても、実態は

社員登用実績が無い

制度としては存在するが、実際には運用されていない「形だけの制度」という企業も存在しますので、事前に「過去の登用実績」などを確認しておきましょう。

試験内容

社員登用試験内容

正社員登用の試験内容は、次の内容が多いです。

  • 論文(志望動機、仕事の問題点・改善点の提案、社員登用にあたっての抱負など)
  • 面接
  • 学科試験(一般常識、専門知識)

論文は、事前に課題を与えられて、期限までに提出することが多く、転職などでいう「書類選考」的な役割があります。

ただし、社員登用試験は、「上司の推薦」が無いと受けられない場合がほとんどなので、いわゆる「落とす試験」ではないですが、人事部門や役員などが厳しくチェックしている企業は、社員への道は「狭き門」なところもあります。

面接では、次のような内容が聞かれます

  1. 自己紹介、自己PR
  2. なぜ社員になりたか(志望動機)
  3. 日頃の仕事で注意していること
  4. 社員登用後の抱負
  5. 論文内容への質疑

自己紹介や志望動機などは、1~2分で簡潔に説明できるようにまとめておく必要があります。

なお、面接の質疑応答が、元気よくはきはきと答えられれば、印象がグッと良くなって合格に近づくことでしょう。

(下に続く)

登用されるために心がけること

試験を受けさせてもらうためには、会社(上司)から認めてもらうことが前提ですので、

  • 勤怠(欠勤)
  • 勤務態度
  • 責任感

上司の立場では、勤怠は最低限と考える人が多いです。
例えば、当日の体調不良での欠勤(有給)などをしてしまうと、「あてにならない」と思われてしまいます。

また、上司や社員の指示に「素直に」従ったり、真面目に働いたりしていると、「頑張っているから社員にさせよう」と登用試験を推薦してくれます。

なお、上司によっては「毎日頑張って残業している」など、頑張りの評価基準が違いますので、登用のためとはいいませんが、上司の好みを分析しておくことも、早く登用されるコツとも言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中途採用では、正社員として働くために2つの方法があります。

  • 正社員として採用
  • 契約社員などで採用後、社員登用

正社員として採用して働く以外に、他の雇用形態で採用後、実際に働きながら「社風」や「仕事内容」を確認して、将来も働けると判断して正社員登用される方法も、遠回りかもしれませんが、失敗のない確実な方法とも言えます。

正社員で採用されると、失敗しても「辞めにくい」という欠点がありますが、非正規採用なら、合わなかったら退職も容易という長所がありますので、自身の働き方に合わせて活用してみてください。