• 「会社に行きたくない」
  • 「会社のことを考えると憂鬱(ゆううつ)」

社会人なら誰でも、会社に行きたくないと思ったことはあると思います。
もちろん、こんな嫌な状況で働いていてもその社員のパフォーマンスはなかなか上がりません。

ただし、会社に行きたくない原因が上司にあるのなら、組織全体を考えて改善しなければならない問題です。

今回は、部下が一緒に働きたくない上司、働きたい上司の特徴を解説します。

部下が一緒に働きたい上司の4つの特徴

一緒に働きたくない上司

1.部下の意見に耳を傾けることができる

部下から信頼される上司は、部下の意見をしっかりと聞くことができる人ではないでしょうか。

  • 「俺の意見は絶対」
  • 「意見するなんて生意気」

という姿勢では、表面上は従っているようにみえても、心の中では「自分のやり方を押し付けるだけ」、「反論できないから強く言っている」などと批判されてしまいます。

また、「上には弱いが下に強い」上司もこのタイプの人が多い傾向があります。

上司と経験が豊富とは言え、部下の意見も聞きながら仕事を進める方が、成果が上がったり効率的になったりすることも多々あります。

特に、意見を聞いてもらう事で、部下の士気も上がり頑張りも期待できるので、組織全体としてはプラスになるのではないでしょうか。

2.コミュニケーションが取れる

部下はロボットではなく、上司の手足的な存在でもありません。

仕事の指示が「ああしろ、こうしろ」と命令形で出す上司は多いです。
ただし、こうした命令は、部下とのコミュニケーションを奪ってしまうので、仕事のパフォーマンスも限定的になってしまいます。

このような命令ばかりしておきながら、「あいつはコミュニケーションが下手」と嘆く上司もいますが、実はコミュニケーションを下手にしている原因は上司側にあります。

人間関係はコミュニケーションが必須なのに、こんな状況では部下との「心の距離は」どんどん離れてしまいます。

3.部下と同じ目線でいる

コミュニケーション不足と同様に、上から目線の上司も多いです。

上から目線の根底にあるのは、上司が「自分を大きく見せたい」、「権力を振りかざさないと指示を聞いてもらえない」と劣等感ではないでしょうか。

部下は「命令」や「上から目線」で言われなくても、仕事なんだから最後は従います。

  • 「時間が無い」
  • 「説明が手間」

などと思わずに、部下を向き合って接する方が、部下も気持ちよく働いてくれるし、士気も上がるのではないでしょうか。

(下に続く)

4.ダメな理由を説明してくれる

上司として仕事をしていると、部下からの提案や意見を受けることが多いです。

ここでやっていけないのは、「それはダメだね」と理由も告げずにひと言で却下してしますことです。
たまには、突拍子もない提案をしてくる部下もいますが、

  • 「なぜ採用されなかったか」
  • 「どこに問題があったか」

不採用の理由をしっかり説明することが重要で、説明があることで、部下も「改善してまた提案しよう」「もっと勉強しよう」と前向きになってくれますが、ひと言で却下してしまうと、今後の伸びはなくなってしまいます。

なお、管理人が働いていた会社には、部下からの提案書を「机の中にしまってお蔵入り」させてしてしまう上司がいました。

部下は、結果の返事ももらえず、時間と共に忘れ去られる(部下は覚えていますが)こんな上司には、部下は付いていこうと思わないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最近は、世の中の変化が早く、「世間の流れについていく」ために、組織としてコミュニケーションが欠かせません。
ただし上司は、「このやり方で成功した」と過去の成功体験にしがみついてしまいがちで、これではチームとして伸びしろが限られてしまいます。

三人寄れば文殊の知恵」とはよく言ったもので、上司一人の知恵だけでなく、部下の知恵も活かすことで、強い組織になることができます。

もし、あなたが上司で、この記事に当てはまることをしていたなら、物は試しに、部下と向き合って接してみてはいかがでしょうか。