(2019-8-4更新)

社会人は、仕事以外の付き合いも大切だと分かっていても、今日はダメという日もあると思います。

顧客からの誘いなら無理してでも行くしかないけど、それが、社内の人間からの誘いだったら断りたいですね。

「断って居心地が悪くなりたくない」

「嫌われない言い訳はないかな?」

今回は、突然の飲み会の誘いを上手に断る方法を解説します。

飲み会の上手な断り方4選

上司や同僚など職場の飲み会は、仕事を円滑に進めたり情報交換をしたりと、社会人にとって不可欠な面もあります。

一緒に飲むことで、仲間意識が芽生える

管理人もサラリーマン時代には、他部署の人たちと頻繁に飲みに行っていたため、仕事で困った時にはいつも助けてもらっていた良き思い出があります。

ただし、「付き合いも仕事の内」と言っても、毎回付き合うことはそれほど有益とは思えませんし、今日は真っすぐ家に帰りたいという日もあると思います。

そこで、仲間から嫌われない飲み会を断る言い訳ベスト4を紹介します。

職場の飲み会を断る理由

1.記念日

会社の付き合いを問答無用で断ることができる言い訳は、「記念日」の他にないでしょう。

記念日といっても、「結婚記念日」のように特別な日である必要はなく

  • 結婚記念日
  • 妻・子供の誕生日
  • 入学、卒業祝い
  • 両親の結婚記念日
  • 両親の誕生日、退院祝い

このように、それらしい記念日はいくらでもありますので、上手に使えば断る口実としては申し分ないでしょう。

ただし、明らかな嘘を言ってしまうと、その後も嘘を押し通さないとならない羽目になり、下手したらボロが出てしまうので、ほどほどにしましょう。

(下に続く)

2.荷物が届く

一人暮らしや共働きの場合に使える口実で、宅急便などの荷物が届くことを言い訳に使えます。

「再配達で来てもらうので、さすがに不在という訳には・・・」

と言えば、説得力がある理由になります。ただし、この口実を使う場合、何が届くのか聞かれることもあるので、

「シャンプーを買ったんだけど、安いし翌日に届くからね~」

自然にサラっと答えられるようにしておけば、誘った相手も「適当ないい訳で、断られた」と思われずに済みます。

3.子どもを迎えに行く

実際に迎えに行く年齢の子供がいないと使えない口実ですが、最近は、親が塾の迎えに行くことが当たり前のように行われているので、飲み会を断るには丁度いい理由です。

車で迎えに行く場合、飲んだら飲酒運転になってしまうので、誘う方も「仕方がないね」と諦めてくれます。

ただし、普段から迎えに行っている場合は大丈夫ですが、いつもは妻(夫)に任せっきりのばあい、口裏を合わせておいた方がいいでしょう。

(下に続く)

4.朝活

最近は、時差通勤や朝活がブームになっているので、早起きしている人も多いと思います。

特に、朝活として4~5時に起きて、脳が冴えている時間帯に1~2時間勉強や読書、スポーツなどをすれば、朝から充実した生活を過ごすことができるので羨ましい限りです。

本題の朝活をするためには、当たり前ですが早く寝ないといけません。
また、飲み過ぎた場合は、寝付けなかったり翌朝起きられなかったり悪影響があるので、飲酒もほどほどにしたいところです。

つまり、朝活をするためには飲み会を避けた方がいいので、断る理由として使っても問題ありません。

ただし、いきなり「朝活しているから」と言うと、周りから「えっ」と驚かれるでしょう。

この理由が使うためには、普段から朝活でジョギングやヨガ、勉強など行っていることを、アピールしておく必要があります。

社会人は飲み会を断るのもスマートに行うべき

会社の飲み会

学生なら、「今日ダメ」と一言で断っても構わないと思いますが、社会人なら、誘った相手が傷つかないような理由を付けて断ることがスマートです。

もちろん、毎日のように誘ってくる人に対しては、「今日は休肝日ね」などと適当に断って構いませんが・・・。

ここで紹介したような、「それならしょうがないね」と思わせる理由を準備しておき、職場の人から飲み会の誘いにも動じないことが、会社生活では賢い生き方です。

(下に続く)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

社会人に付きものの飲み会は、適度に参加することで気分転換になるだけでなく、親密な関係を築く最短の方法と言えるでしょう。

令和になっても、職場や取引先と飲むことは、人間関係を構築する上で最適な方法です。

毎回断ると、「付き合い悪い」と職場での居場所がなくなる恐れもあるので、「適度に参加」することが賢い方法だと考えております。

もちろん、毎回誘いに乗ってしまうと、自分の時間や家族と過ごす時間が減るだけでなく、金銭的にも健康面でも問題があると思いますので、適度に誘われて適度に断ることが賢明だと思われます。