上司が外出先から戻った時に、「お疲れ様でした」「ご苦労様でした」どちらを使っていますか?

言葉の意味合い(ニュアンス)は同じですが、使い方が異なるので、場面を間違えて言ってしまうと、大変なことになるかもしれません。

今回は、「お疲れ様」と「ご苦労様」の意味と正しい使い方を解説します。

「お疲れ様」と「ご苦労様」は、ねぎらいの言葉

労いの言葉とは

どちらも「労い(ねぎらい)の言葉」といい、「相手の努力や労力に対して感謝の気持ちを伝える」言葉です。

「ねぎらう」というからには、それなりに頑張ったことに対して使うもので、簡単な作業に対して使うものではありません。

例えば、宅急便の配達員に対して「ご苦労様」と言う人が多いため、一般化してしまった感じはしますが、「ねぎらい言葉」の正しい使い方とはかけ離れてしまっています。

「ご苦労様」は目上から目下に使う

本題の「ご苦労様」は、オフィスでも頻繁に耳にすることがあるほど便利な言葉です。

仕事は一人でできるものではないので、同僚にお願いしたり助けてもらった時には、自分のために働いてくれた人に対して「ねぎらい」の言葉を伝えたいですね。

こんな時には、自然に「ご苦労様」と伝えましょう。

ただし、「ご苦労様」は上から下に対して使う言葉なので、目上の人に対して使うことはできませんので注意が必要です。

「お疲れ様」は目上にも使えるが

それでは、目上の人に何かしてもらった時はどのように感謝を伝えればよいでしょうか?

そんな時に使える言葉が「お疲れ様」です。

「お疲れ様」は、上下関係に関わらず使える便利な言葉ですので、「ご苦労様」を使うと見下していると思われそうな場面でも使うことができます。

ただし、「お疲れ様」にも使用できない場面があります。

(下に続く)

年配社員には使わない

労いの言葉は、本来、目上の人から目下の人に対して使うものですので、上の人に使う場合は、相手や状況などを考慮して使用を避けるなどの気遣いが必要になります。

例えば、次のような相手に対しては、「お疲れ様」を使わない方が良い場合があります。

  • 年配の人
  • はるかに格上の人
  • プライドが高そうな人

このような相手に面倒を見てもらい「ねぎらいの言葉」をかけたい時は、「お疲れ様」の代わりに、次のような言葉を使うことが望ましいです。

お疲れ様の代わりとして使う言葉(例)
  • ありがとうございました
  • ご足労頂きありがとうございます
  • お疲れ様でございます

このように、別の言葉を使うことで不要なトラブルを避けることができますので、相手に合わせて伝える言葉を変える配慮ができると、「あの人となら仕事をしてもいい」と思ってもらえることだってあります。

労い言葉の例文

会社勤めをしていれば良く耳にすると思いますが、一般的に次の例文のように使われます。

ご苦労様の例文
  • プレゼンテーションの発表ご苦労様。素晴らしい内容だったよ。
  • わざわざご苦労様。助かったよ。

ご苦労様の例文は、どれも「上から目線」な印象を受けますので、目上の人に対して使ったら大変なことになってしまいます。

お疲れ様の例文
  • お疲れ様でした。お先に失礼します。
  • 遠いところからお疲れ様でした。

これに対してお疲れ様の場合は、丁寧な印象を受けるのではないでしょうか。

(下に続く)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

社会では使うことの多い「ご苦労様」「お疲れ様」ですが、使い方を間違えると大変なことになってしまいます。

  • ご苦労様:目下の人に対して使う
  • お疲れ様:目上の人にも使用可能だが、年配の人に対しては使わない方がいい

労いの言葉は、最近では目上の人に対して使っても問題ないことがありますが、元々「上から下に対して使う」言葉なので、敬語を気にする相手に対しては使わず、「ありがとうございました」と率直に感謝を伝えるようにしましょう。