面接は季節に関係なく行われ、特に冬場には寒さ対策をしっかり行うことが、質疑応答と同じくらい重要です。

「面接室が寒すぎて集中できなかった」

「風邪を引いてしまった」

こんな事態にならないためにも防寒対策をしっかり行いたいですが、寒いからといって重ね着をすればよいという訳ではありません。

冬場は寒さをしのぐためにセーターを着ていきたくなりますが、面接では身だしなみが重要なポイントになることが多いので、服装にも気を使う必要があります。

今回は、面接でのセーターのマナーと、寒さ対策について解説します。

スーツの中にセーター着用はマナー違反

面接時のセーター着用

スーツは襟元が開いているので、中に何を着ているかが見えてしまうので、身だしなみは特に気を使う必要があります。

面接官からは、「寒いのは分かるが、面接という場を理解して欲しい」とビジネスマナーに疑問が持たれてしまいます。

なぜスーツの下に着るものまで気にするのかというと、例えば、入社後にお客様と接したときに、同じような服装を着ないかと心配になるからです。

「1つのマナー違反から、他の部分のマナーも疑われてしまう」

面接時にセーターを着て来るような人は、他のビジネスマナー違反もするだろうと判断されてしまいます。

セーターはカジュアルな服装

年配の社員だけでなく、若い社員からも「さすがにセーターはカジュアル」との印象を持っているので、カジュアルな社風の会社を除いて、スーツにセーターを着て仕事をしている人は稀です。

特に面接時は、その会社の社風が分からないため、企業イメージだけで「セーターを着ても大丈夫」と決めつけて面接に行くことはNGです。

なお、カジュアルな社風の会社だったとしても、フォーマルな場とされる面接にセーターを着ていくことは、

カジュアルウェアで客先訪問している

そのくらい違和感のある服装なので、寒いからと言ってセーターを着て面接を受けることはNGです。

寒い場合はベストを着る

冬の面接会場や待合室は寒いことがあり、スーツだけだと「面接に行ったら風邪をひいてしまった」こんな事態にならないために、防寒対策をどうするかというと、

ベストを着用する

ベストはフォーマルとしてもOKなアイテムなので、面接で着用しても違和感がありませんし、面接官も着ている場合もありますので、マナーを疑われることがありません。

ただし、ベストならどんなものでも良い訳ではなく、

  • スーツと同素材のもの
  • 紺・グレーなどスーツに合うもの

ベストは、スーツ売り場などで売っているものを選ぶようにすれば、カジュアルと思われません。

なお、スーツと同素材のベストを着たスタイルのことを「スリーピーススーツ」といい、貫禄がでてしまうため年配や役職のある人が着るものと言う人もいます。

特に、就活や20代でスリーピーススーツを着て面接に行くと、「生意気」と思う面接官もいますので、状況に応じて着分ける必要があります。

ヒートテックのインナーという方法も

セーターやベストはシャツの上から着るため、どうしても面接官から見えてしまいます。

特に、就活などは身だしなみにシビアなので、マイナスイメージを持たれないために、インナーを重ね着する方法がおススメです。

最近は、薄手のヒートテックのインナーがあり、着ていても「着ぶくれ」することがなく、セーターなどよりも暖かいです。

管理人も冬に面接したころがありますが、ヒートテックの長袖シャツとパンツを着て冬の面接を乗り切った記憶があります。

(下に続く)

その他の冬面接対策

寒い時期は、ただでさえ風邪を引きやすいのに、「面接の身だしなみを気にしすぎて」防寒対策を簡単に済ませてしまうと、寒さで本領を発揮できません。

セーター以外の防寒対策について順番に解説します。

コートはビジネス用を選ぶ

面接にコートを着ていくことは問題なく、もちろん、ビジネスフォーマルなシーンでも着用することが可能です。

コートの選定基準は、次の通りです

面接のコートの選び方

【 種類 】

  • トレンチコート
  • ステンカラーコート
  • チェスターコート(カジュアルタイプはNG)

【 色 】

  • 黒、紺、グレー、ベージュ

ただし、コートは面接前に脱いでいなければならず、正しいマナーは関連記事で解説しています。

マフラーと手袋はカジュアルでないもの

また、マフラーと手袋着けて面接に行くことも、マナー上問題ありません。
選定基準は、次の通りで「シンプル」なものを選びましょう。

面接のマフラー、手袋の選び方

【 マフラー 】

  • 薄手(大きすぎない)
  • シンプルな柄

【 手袋 】

  • スーツに合うもの
  • シンプルな柄

    マフラーと手袋もコートと同様に面接前に脱いで、バッグの中にしまっていることが基本で、正しい方法は関連記事で解説しています。

    (下に続く)

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    「寒くて面接どころではなかった」

    こんな事にならないために暖かい服装で行きたいですが、冬の寒さ対策は身だしなみのマナーがあるため、着る服装が制限されてしまいます。

    防寒対策をまとめますと、以下の通りです。

    • 基本的にセーターはNG
    • スーツの下ならベストを着る
    • ヒートテックなどのインナーを活用
    • コートやマフラー、手袋はOK

    寒さを我慢してしまうと風邪を引いてしまうので、寒さ対策はおろそかにできません。
    防寒対策もマナーを守ればマイナスになることがありませんので、しっかり準備をして面接会場に向かいましょう。