未経験

求人情報を見ていると、多くの求人に「未経験可」と書かれています。

「中途採用は即戦力だから、未経験は無理なのでは?」
「未経験でいいなら、私も応募したい!」

と思う方もいると思います。

「実際、未経験者は採用されるの?それともされないの?」

ここでは、未経験で転職に成功するコツについて説明します。



未経験には3つの意味がある

未経験と言っても、実際は3つのパターンがあるので順に見ていきます。

職種の経験はあるが業界未経験

流通業界の営業職に応募する場合、前職が不動産業界の営業職であれば、
「流通業界」の経験は無いが、「営業職」の経験はある

業界の経験があるが職種未経験

今後は逆に、前職が流通業界の事務職であれば、
「流通業界」の経験はあるが、「営業職」の経験は無い

業界も職種も未経験

最後は、前職が異業種、異職種の場合、「業界」も「職種」も全くの未経験となります。

求人票の未経験がどこまで許容しているのかは、隅々まで読むと読み取れる場合もありますが、分からない場合は推測して応募することになります

なぜ転職をしたいのか?

転職を成功させるために、次のことを明確にする必要があります。

「なぜ辞めたいと思ったか」
「さらに、未経験の転職を選ぼうと思ったか」

ここは面接で聞かれますので、あやふやにしないでください。

仕事が合わない

想像していた仕事と違っており、続けられないと思うときがあります。

誰だって、仕事を覚えるまでは、つまらないと思うものです。

だから問いかけてください。

仕事を覚えるまで我慢できるか?

もう我慢できないなら、転職し新しい分野に挑戦しましょう。

他の仕事をしてみたい

まず現在の仕事を振り返ってみます。

現在の仕事でキャリアが積めたので、別の仕事にチャレンジしたい

ぜひチャレンジしてください。

現在の仕事でキャリアが積めてない

「あと1年頑張れば、キャリアが積めますか?」
積めるのであればもう少し頑張ったほうが得策です。

今の仕事ではキャリアを積むことができないのであれば、転職も選択肢に入れてください。

人間関係が悪い

どこの企業に勤めても、社会に出た以上は人間関係がつきまといます。

人間関係の悪い程度によりますが、軽い場合は上手に付き合いましょう。
「嫌な上司のやり過ごし方を学んでいる!」くらいの心構えだと楽になります。

ただし、ひどい場合は転職もやむを得ないです。
精神的に病んでしまうまで頑張らないでください。

将来に不安

例えば、こんな不安を持っている方もいると思います。

「10年働いたが給料もほとんど上がらず、何の技能も身につかなかった。」
「会社の業績が悪く将来の見込みが無い、このまま働いて年齢を重ねたら転職できなくなる」

手遅れになる前に、なるべく早めの転職をお勧めします。

将来のためにキャリアを積みたい

特に、女性に多い転職理由です。
将来の結婚、出産、子育てなどで社会から離れても、一段落したときに、再び働けるだけのキャリアを積んでおきたいと考えるのはもっともです。

ただし、現在の仕事では将来のためのキャリアを積むことができない。

こんなしっかりとした考えを持っているときは、自分のキャリアプランを描きながら転職をしてみてください。

未経験で応募するコツ

未経験で入りやすい9つの仕事はこれだ

次の仕事は求人数も多く、未経験者(未経験歓迎も書いてある場合もある)が入りやすい傾向があります。

  • 営業
  • サービス・接客
  • 販売
  • フード
  • ドライバー
  • 製造
  • 介護
  • エステティシャン
  • ITエンジニア

未経験で採用が少ない仕事

逆に、未経験者の採用が少ない仕事もあります。

  • 事務・管理
  • 総務・人事
  • 経理

特に、女性の転職先としての希望が多い仕事で、求人数も少ない上に、求人があっても応募者が殺到するので、内定のハードルが高いです。

未経験可でも油断するな

未経験可の求人に経験者も応募してくる

未経験可の求人だからと言って、応募者全員が未経験なわけではありません。
最大の強敵である経験者も応募してくるのです。

それは、経験者の立場に立ってみれば分かります。
「未経験者がたくさん応募してくれば、経験者が選考で有利になるからです。」

志望動機が弱いと採用されない

未経験者が採用されるためには、経験者に負けない何かが必要です。

その何かは、しっかりとした志望動機です。

先ほど「なぜ辞めたいと思ったか」、「さらに、未経験の転職を選ぼうと思ったか」を問いかけたのも志望動機につながるからです。

書類選考や面接官の目に留まるような、本気の志望動機を自分の言葉で書かないと採用されません。

入社後にはどんな教育・研修制度があるか

企業は基本的に、新卒者にはしっかりとした教育・研修を行うが、中途採用者には新卒者ほどの教育・研修を行ってくれません。

このため、未経験の中途採用者に対して、自分で学んでくださいと冷たくされると、仕事がわからないまま孤立してしまうこともあり得るのです。

こんなことにならないように、応募前にどんな教育・研修制度があるか、よく確認しておいてください。

未経験から手に職をつけるならこれだ

最後に未経験で入社し、将来に向けて手に職をつけられるものをピックアップしてみました。

男性におすすめの未経験職業

営業

営業職は、どんな企業にも必要で求人も豊富な割に、売るための話し方などのノウハウはなかなか身につかないため、他業種の営業経験者でも、比較的優遇されることがあります。

製造

ものづくりは文字通り、手に職をつけることができ、また、次のような各種資格も取得できます。(フォークリフト運転技能者、クレーン運転士、玉掛技能者、溶接技能、危険物取扱者、CAD、機械加工技能士、衛生管理者など)

ITエンジニア

システムエンジニア、プログラマー、サーバーやネットワーク、WEBデザイナーなどから、1つの分野に絞り専門知識を深めることで、一生涯のスキルとなります。

関連記事:「ITエンジニアの仕事と給料紹介

女性におすすめの未経験職業

エステティシャン

お客様の心身に合わせた施術をするため、専門的な技術や知識が必要になり、サロンだけでなく美容院やホテル、スパなどへと活躍の場が広がっています。

関連記事:「エステティシャンの仕事と給料紹介

介護

老人ホームなどの介護施設で入居者の世話をする仕事で、資格が必須ではありませんが、通常、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)→介護職員実務者研修→介護福祉士とステップアップを目指します。

関連記事:「介護の仕事と給料紹介

ITエンジニア

男性と同様で、1つの分野に絞り、経験を積み専門知識を深めます。

関連記事:「ITエンジニアの仕事と給料紹介


管理人お勧めの未経験に強い転職エージェント