英語
日系企業でも英語力が必要な企業が数多くあり、TOEIC(英語力テスト)のスコアで、入社時500~600点、管理職登用で600~700点程度必要などです。

それならば、外資系企業ならどれほどの英語力が必要となるのでしょうか?



外資系企業が必要とする英語力は?

TOEIC750点が目安

外資系企業の求人に応募するためには、TOEIC(英語力テスト)のスコアで750点は欲しいです。

書類選考の段階では、履歴書や職務経歴書の書類でしか判断することができないので、英語力の有無をTOEICのスコアで計られてしまいます。

英語力の不足分は職務経験やスキルで補う

外資系企業では英語力がある人物を採用したいのではなく、日本の企業の場合と同じで、高い職務経験やスキルのある人物を採用したいので、どれだけの職務経験やスキルを積んでいるかをアピールする必要があります。

もちろん、どの企業でも欲しがる職務経験やスキルがある優秀な人材なら、多少の英語力が低くても採用されるでしょう。

つまり、職務経験やスキルが高ければ、英語力が低くても不利にならず、逆に職務経験やスキルに自信がなければ、英語力で勝負するしかありません。

英語の面接の場合もある

英語力に自信がない人にとっては、書類選考を通過したからといって安心できません。

続いての難関が、外資系特有の英語での面接です。

英語の職務経歴書(レジュメ)の提出が求められた場合は、英語面接を覚悟しておいた方がいいですし、そうでなくても、面接中に「今から英語で話しましょう!」と、突然英語での面接が始まる場合もあります。

もし、面接官に外国人がいた場合は、面接は英語で行われ、さらに日常業務でも英語でのコミュニケーションが必須と思われます。(面接官が上司となるかもしれせん)

TOEICスコアよりコミュニケーション

TOEICスコアは目安にすぎない

TOEICのスコアは書類選考の時の英語力水準の目安となりますが、実は、スコアが高いから採用されるということは、ほぼ無いと思ってください。
外資系企業ではTOEICスコアよりも重視していることがあります。

外資系企業ではコミュニケーション力を重視

外資系企業で重視している英語力は次の通りです。

  • 英語でコミュニケーションがとれる能力
  • 英語で理論的な話ができる能力

英語でコミュニケーションがとれる能力

コミュニケーションがとれるとは、野球のキャッチボールのように、問いかけと返答がスムーズにできることです。
ここで重要なのは、完璧な文法よりは、会話の内容を正確に理解し、自分の言いたいことも正確に伝えられる能力が求められます。

英語で理論的な話ができる能力

一般的に、英語に比べると日本語はあいまいや遠回しな表現が多くなります。

島国でほぼ単一民族なので、日本語では「言わなくてもわかるだろう」、「文脈を読む」話し方になり、また「否定的な表現はやわらかく表現する」傾向にあります。

これが、英語でかつビジネスシーンとなると、まるっきり逆となります。
ビジネスシーンでは、相手に言いたいことを、わかりやすく全部伝える必要があるからです。

例えば、「結論」→「理由」→「私はどうしたい」のように話し、回りくどい・遠回しな表現は省きます。

余分な表現を省いた上で、伝えたいことを全部盛り込んで、分かりやすく組み立てて伝えなくてはなりません。
文化も民族も異なるため、言わなかったら伝わりませんので、ここが日本人は苦労するところです。

普段(日本語)の私と、ビジネス(英語)の私は、二重人格と思われるほど別人にならないと、英語でのコニュニケーションが上手くいきません。


外資系に転職するためは、外資系に強いキャリアコンサルタントが不可欠です。