(2018-9-21更新)

転職活動で第一志望の企業から、内定通知書が送られてきた。

面接時には、「前職を考慮する」という話だったが、給与が思ったより低かった。

入社したいがもう少し給与が欲しい。

ここで下手に給与の交渉をして今後の評価に影響を及ぼすなら、我慢してでも、会社生活を気分よく過ごした方がいいのか?

今回は、内定後の条件交渉を正しく行うために、押さえておくべき3つのポイントを説明します。

条件交渉はいつ行うか?

まず条件交渉は、内定通知書を受領してから行います。

たとえ最終面接で、ほぼ内定の状況になっていたとしても、面接の場で条件交渉を行うものではありません。

最終面接で条件の交渉をしてしまうと、

「まだ内定が決まったわけでないのに、条件の話をしてきて」

「条件交渉をする面倒な応募者だ」

などと企業側の心証を害してしまい、決まりかけていた内定が、一転して不採用となる場合もあります。

条件交渉の方法

交渉成立

条件面談の場で交渉する

条件交渉をすることを、企業によって異なりますが、条件面談(オファー面談)などと呼んだりします。

企業によっては、「思い違いなく、納得して入社してもらいたい」と、内定者全員と条件面談をセッティングするところもありますが、内定者を気遣ってくれる会社は少数派です。

条件面談は会って行う

条件面談は直接会って行うものであり、遠隔地など事情がある場合を除いて、電話で行うものではありません。

声だけのやり取りだと、なかなかニュアンスが伝わらないし、そもそも、これから何年~何十年も勤める上での重要な条件を電話で済ませるべきではありません。

なお、ビジネス上では、重要なやり取りは電話で行うことは少なく、直接会って顔を見ながらするのがマナーです。

条件面談のセッティング依頼方法

条件面談セッティングの依頼は、内定通知書を受領してから3日以内に電話で行います。

この時重要なことは、あくまでもお願いするという謙虚な姿勢を持つことです。

「ご相談させていただきたいことがあるので、お時間をいただけないでしょうか?」

と言えば、採用担当者ならば条件面談をして欲しいと察してくれるので、都合の良い日時をいくつか提示して日程調整を行いましょう。

(下に続く)



条件交渉の3つのポイント

条件交渉の3つのポイント

1.企業側がなぜその条件を提示したか理由を良く聞くこと

条件面談(オファー面談)では、まず聞き手に回り、企業側の説明をよく聞くことから始めます。

始まってすぐに、こちら(応募者)から「給与をあと〇万円上げて欲しい」などと言い始める人がいますが、ビジネスマンとしての交渉方法としては失格です。

企業にも査定の根拠があるわけで、「こちらの話も聞かず、一方的に要求をしてきた」とあなたの評価は一気に落ちてしまいます。

もし、正しく交渉したなら条件アップの可能性があったが、交渉方法を間違えたために、企業の心証が落ちたので、頑なに拒否されるってこともありますから。

2.交渉するなら根拠を示すこと

さて、企業側の説明もしっかり聞いて、次はこちらから希望の条件を提示する番ですが、一つ気を付けて欲しいことは、交渉するときは相手が納得するような根拠を示すことです。

理由も告げず、「あと○○万円増やしてほしい」といっても、誰も納得しません。

例えば給与の交渉をする場合は、次の例のように、家庭の事情などを上手く伝えるといいでしょう。

住宅ローンの返済と2人の子供の教育費があり、前職では年収〇〇万円で何とかやりくりしておりました。条件の見直しをお願いできないでしょうか

採用担当者や人事の人たちに、「それなら仕方ないね」と言わせる根拠を示してください。(作り話はダメですよ)

(下に続く)



3.交渉するなら本気で挑むこと

給与が上がったらしめたものと、「とりあえず交渉してみる」ことをしてはいけません。

例えば、業界の相場水準よりかけ離れた給与を要求して、

「ものごとを客観的に見られない人

と判断されることもあり得ます。

安易な交渉は、あなたの評価を下げるだけでなく、内定が取り消される可能性があるからです。

交渉が苦手な人におすすめ

エージェントでの転職活動なら、応募から入社までサポートしてもらえます。

もちろん内定後の条件交渉も、コンサルトに本音を伝えておくことで、あなたに代わって上手に行ってくれます。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルトがしっかりしている印象で、管理人も転職するときにお世話になったので、自信をもってお勧めします。