(2019-11-14更新)

突然上司から呼び出され、

「仕事の悩みでもあるのかね?」

などと意味深い質問をしてきた・・・。
もしかして転職活動していることがばれている!?

でも、面接をしているのを気付いているなら、はっきり言えばいいのに、なぜこのように回りくどい表現で聞くのでしょうか?

今回は、転職活動が会社にばれた時の上手な対処法を解説します。

転職活動が会社にばれたか分からない場合の対処法

上司が「○○さんが転職活動している」などの噂話を耳にした場合、通常は本人に直接聞いたりせずに、まずは裏付けの証拠を取ることから始めます。

地位が高い人ほど、噂などを鵜呑みにせず、証拠を得ようと考えます。

つまり、「転職活動をしている噂があるけど、どうなの?」と聞くことはしないのです。

そのため、冒頭の上司の発言ように、間接的な表現で探りを入れて、本人の口から出てくることを待っている訳です。

会社にばれたかわからない時の対処方法
会社にばれたか不明な時は、絶対に言わないこと!(ごまかし通す!)

仕事の相談をしてみる

こんな時は、せっかく上司と2人きりになったので、

進行中の○○の件で、相談したかったとことがあります

などと仕事の相談の話に切り替えて、会社のために一生懸命頑張っているところ暗にアピールしておきましょう。

ただし、「火のない所に煙は立たぬ」というように、噂になってしまった以上は、周りの人はあなたの行動に注目しているので、ちょっとでもサボった姿を見せてしまうと

「やっぱり、転職活動をしているから、うちの会社の事なんてどうでもいいと思っている

などと悪い方向で話が膨らんでしまいますので、普段以上にしっかり仕事に取り組みましょう。

待遇の不満は言わないこと

この時に気を付けないといけないことは、待遇面の話をしないことです。

そろそろ後輩の育成をしたい

昇給額をもう少し増やしてほしい

このような待遇面の不満や要望を言ってしまうと、もし要望が受け入れられて待遇が良くなってしまったら、辞めることができなくなってしまうからです。

後日退職の相談をした時に、「あの時要望をかなえたのに何で辞めるのだ」と上司の気分を害してしまい、退職の妨害をされてしまう事が考えられますので、将来辞めることを考えて「叶う要望」は言わないことが鉄則です。

転職活動が会社にばれた場合の対処法

逆に、会社に転職活動が確実にばれている場合は、ごまかさずに素直に認めて、ここまでの経緯や転職活動をせざるを得ない理由を伝えて、上司に「それなら仕方ない」と言わせる工夫した理由や説明が必要です。

だからと言って、給料や仕事内容など会社に対する不満は、一切口にしてはいけません。

会社に確実にばれた時の対処方法
  • 素直に認めること(言い訳はダメ)
  • ステップアップや家庭の都合など、仕方ないと思わせる理由を説明する



では、転職活動が会社にばれた時に使える、ケース別対処法をご説明します。

1.不可抗力による理由

会社に転職活動がばれても、不可抗力による理由があれば、逆に応援してくれることだってあります。

結婚などのライフイベントの理由で納得させる

結婚による転職

結婚・出産、家族の事情を理由にしてしまえば、比較的スムーズに納得してもらえます。

例えば、結婚を控えているなら、「結婚を機に結婚相手の地元に引っ越す予定で、地元企業での転職を探していた。」などと説明すれば波風立たないでしょう。

Uターンなどの地理的な理由で納得させる

Uターン転職

生まれ育った故郷でのUターン転職を理由にすることも効果的です。(ただし現在の会社が、その故郷に支店・工場などがない場合)

例えば、「将来、両親の介護できるように、故郷での転職先を探していた。」などの理由が理想です。

Uターン転職の注意点と心構えは、以下関連記事を参照してください。

2.現在の会社にない分野に挑戦したいとの理由

上記の不可抗力の説明が使えない場合、キャリアアップや新しいことにチャレンジすることを、上手に説明する必要があります。

ここで大切なことは、「現在の会社では実現できないこと」を理由にすることです。

例えば現在営業職で、企画の仕事をしたいから転職活動していると伝えても、現在の会社に企画部門あれば、「わざわざ転職しないで、ウチで企画の仕事をすればいいのでは?」との一言で終わってしまいます。

「大学の専攻分野の○○は、子供の頃からの憧れであり夢でした。この夢にチャレンジするには、年齢的にラストチャンスと考えて、転職活動しておりました。

(下に続く)

在職中の転職活動の掟

最後に、会社にばれないために気を付けるべき、在職中の転職活動での掟についてご説明します。

転職活動をしていること言わない

たとえどんなに親しい同僚であっても、転職活動をしていることを言ってはいけません。

直接転職活動をしていると言わなくても、「いい会社ないかな~」みたいな何気ない会話でも、噂として広まってしまう事があります。

人間は噂話が好きなので、「誰々が転職活動している・・・」という話はあっという間に会社に伝わってしまうものです。

普段と違うことをしない

また、毎日顔を合わせていると、ちょっとした変化に勘づくものです。
次のようなことは、怪しまれやすいので気づかれないようにしましょう。

  • 普段は私服で出社しているのに、面接のためスーツ着用して出社する
  • 有給休暇に理由が必要な場合、不自然な理由にしない

転職活動中は、いつも以上に慎重に行動するようにしてください。
対応を誤ると、会社で居場所がなくなったり、嫌がらせなどを受けたり悪いことしかありませんから。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毎日顔を合わせている人同士だと、ちょっとした変化に敏感に気づくことができます。

あれっ、いつもと違う

というちょっとした変化から、「もしかしたら転職活動しているのではないか?」と噂の対象にされてしまうこともあります。

働きながら在職中に転職活動をする場合、内定がでるまでは絶対にばれないように慎重に行動することです。

もし、ばれてしまった場合は、この記事の対処方法で上手に説明して乗り切りましょう!

転職活動の強い味方

在職中の転職は、仕事の合間に少しずつ活動を行うため、どうしても時間が足りず、なかなか転職活動が進まず、希望の企業が見つからないことってありますね。

ただでさえ時間が無くて忙しいのに、自分で求人探しをする時間と手間を少しでも減らさないと、働きながらの転職は途中で挫折してしまいます。

こんな忙しいあなたの強い味方となるのが、転職エージェントです。

転職エージェントには、専任のキャリアアドバイザーが希望条件や個別事情をくみ取り、アドバイスを行ったり、最適な求人を紹介したり、時には模擬面接をしてくれるなど、サポート体制が充実しています。

また、企業の採用担当者と直接コンタクトすることができるキャリアアドバイザーは、採用担当者の本音を聞き出すことだってできるんですから。

(お勧めその1)リクルートエージェント

業界トップクラスの「非公開求人数」なので、求人サイトではお目にかかれない求人に出会えるだけでなく、コンサルタントは各業界・業種に精通しているので、希望条件を相談しながら応募先を探すことができるのが特徴です。



(お勧めその2)パソナキャリアカンパニー

業界トップクラスの豊富な求人数を誇り、専任のキャリアアドバイザーが親身なのが特徴で、譲れない条件などの悩みを打ち明けてみることができます。

もちろん、希望に沿った求人紹介から、応募書類の添削、面接対策、年収交渉まで任せることができます。