Pocket

経理に配属されたが、仕事が単調でつまらない!

と転職を考えている人はいませんか?

実は、経理の仕事はつぶしの利くすごい仕事なんですよ。



経理の業務内容

経理の仕事には、大きく分けて会計、経理、財務の3つに分類されます。
中小規模の会社では、一つの部門がすべてを行ったり、経理と会計を区別してない会社など組織は会社により様々です。

会計とは

会計とは、企業が行う経済活動を記録・分類して、会計情報として会社の内部および外部へ報告すること。
会社の利害関係者へ決算書を報告をする「財務会計」と、会社内部へ会計情報の報告をする「管理会計」に分かれます。

経理とは

経理とは、お金の流れを管理し、貸借対照表、損益計算書などの決算書を作成することいい、各種伝票の起票、請求や支払い、帳簿への記帳、決算書の作成などが業務で、会計の「財務会計」を担っています。

財務とは

財務とは、事業活動に必要な資金の調達と管理をすることで、資金調達と予算管理、資金の運用(投資など)を行います。

経理の仕事がつぶしの利く理由

経理の仕事は、お金を扱ったり会社のお金の流れを把握できるので、会社から信用された人物でないと任せられる仕事ではありません。

つまり、長年経理の仕事を担当した人物は、その会社では「信用できる人物」と判断されてた訳で、面接では「あの会社で経理してたなら大丈夫だね」という評価が付くのです。

また仕事内容も、会社が変わっても根本の考え方は一緒なので、経験が活かしやすい特徴があるが、欠員補充時には未経験者を敬遠されがちなのも経験者に有利になる理由です。

2~3年の経験で評価されるものではない

では、いくら経理の仕事がつぶしが利くと言っても、新卒で経理に配属されたら一生仕事に困らないかというと、そこまで甘くはありません。
未経験の場合、1年目見習い、2~3年目補助、4~5年目ひとりで出来るようになるレベルではないでしょうか。

「石の上にも三年」といいますが、経理の場合は5年は経験を積まないと評価されにくいです。

経理からステップアップの道

経理を担当したら、将来は様々なステップアップの道が待っています。

  1. 主計へのステップアップ
  2. 経営企画へのステップアップ
  3. 公認会計士や税理士として独立
  4. 他の職業に転職

主計へのステップアップ

財務諸表
主計とは、経理の仕事をとりまとめ決算書の作成や税務などの役割をする立場で、経理部門のトップを目指すことができます。
主計は転職市場でもとても価値が高いので、まずはここを目指すことが王道です。

主計を目指すなら、日商簿記検定3級→2級→1級と資格も同時に取得することが求められます。
ただし、3級はあえて取るまでのものでないので、簿記の資格がなくても2級から勉強すればいいでしょう。

また、日商簿記検定1級を取得後に、公認会計士や税理士にキャリアチェンジする選択肢もあります。

経営企画へのステップアップ

経営企画
経営企画は、トップの経営方針に基づき、企業の中長期の経営戦略や経営計画を立案し、実績を管理・監視する部門で、経営陣に近いところで仕事をできることが魅力です。

公認会計士や税理士として独立

公認会計士か税理士の資格を取得して、独立するか会計事務所、税理士事務所への転職を目指すことができます。

資格の勉強は、会社で経理の仕事をしながらか、会計事務所、税理士事務所で働きながらかのどちらかとなりますが、どちらの資格も並大抵のことでは取得できないので、5~10年の長期戦の覚悟が必要です。

異業種への転職

会社のお金の流れを知っている経理経験者は、別の職種でも活かすことができます。

例えば営業の場合、モノの原価の知識が活かせ、顧客の財務諸表が読み取ることができるので武器となります。

また、銀行、証券、保険などのお金を扱う金融業への転職も、経理経験者は知識も活かせる上に優遇もされやすくなります。

Pocket