(2018-8-30更新)

東京の真夏日(最高気温30℃)は、毎年50日前後(2017年は51日)もあり、夏になると半袖でも暑くてしょうがありません。

ましては、転職活動で上着の着用をしなければならないとなると、暑いのを通り越して我慢大会になってしまいます。

では、政府がクールビズを推奨しているのだから、面接も軽装でいいのでは?

今回は、夏の面接時の服装でクールビズについて解説します。

真夏でも上着着用がビジネスマナー

猛暑

残念ながら、真夏日で周囲が半袖シャツでさえ暑がっている状況でも、面接では上着とネクタイ(男性)を着用するのがマナーです。

採用面接というフォーマルな場では、自己判断でクールビズ(*1)の服装で行くと、面接官から「礼儀やマナーを知らない人」とマイナス評価を受けてしまうこともあります。

もちろん企業の風土によっても夏の服装についての温度差があり、伝統のある企業や年配の面接官の場合は、上着必須と思ってよいでしょうし、逆に、自由な風土な企業や、クリエイティブな職業などはクールビズの服装でも大丈夫な場合が多いです。

(*1)クールビズとは、環境省が中心となって行う服装の軽装化活動で、軽装によりエアコン設定温度をあげることで、CO2排出量削減などの環境負荷軽減を狙うこと。

企業からクールビズ指定があれば従う

企業も夏の面接時の服装に、気にかけてくれる場合があり、わざわざメールや電話などで、「クールビズの服装でお越しください。」と言ってくれることもあります。

この場合は、クールビズで構わないのですが、「上着、ネクタイ不要」などと具体的な服装の指示がない場合は、面接会場に行ったら自分だけ軽装という事もあり得ますので、男性はネクタイをバッグに入れておいた方がいいでしょう。

クールビズの服装

企業からクールビズ指定があった場合でも、自分だけ浮かないようにクールビズの注意点を挙げておきます。

クールビズの服装(男性

シャツは白色の長袖

シャツは、白色で無地の長袖Yシャツが無難で、クールビズの時は青色のシャツも控えましょう。

上着着用の場合は、水色や青色で目立たないストライプ柄が入っても構わないと考えていますが、クールビズの場合は、白色の無地のシャツを選ぶことをお勧めします。

また、上着着用の有無を問わず、会社では長袖のYシャツがビジネスマナーです。

スラックスは紺色か黒色が基本

スラックスは、紺色か黒色がベストで、濃い目の茶色かグレーまでにしておきましょう。

また、柄はストライプのものでも特に問題ありません。

靴下はスラックスに合わせる

靴下は、スラックスに合わせて黒か紺色のスラックスには黒か紺色の靴下を、茶色のスラックスには紺か濃い目の茶色の靴下を合わせましょう。

靴はスラックスに合わせる

靴は、スラックスに合わせて黒か紺色のスラックスには黒色の靴を、茶色のスラックスには茶色の靴を選びます。

クールビズの服装(女性

上着とシャツは?

女性の場合は、デリケートな問題もあるので、クールビズの場合でも上着を着たい人もいると思いますので、次の組み合わせから好みで選んで大丈夫です。

  • ジャケット+ブラウス
  • ジャケット+カットソー
  • ブラウス(半袖)
  • ブラウス(7分袖)

ただし、どのパターンでもシャツは白色無地のものにします。

また、襟をジャケットの上に出すかどうかの判断は、お堅いイメージの企業や業種の場合は襟を出さない、その他の企業は襟を出すなど使い分けます。

襟を出す:商社、マスコミ、広告、アパレル、旅行、不動産、ITなど

襟を出さない:官公庁、金融、老舗や伝統のある企業など

スカートとパンツはどちらでもOK

スカートとパンツを、どちらにするか悩んでいる人もいると思いますが、どちらでも構いません。

しいて言えば、銀行などお堅いイメージのある企業はスカートにしておいた方が無難ですが、昔に比べて、服装については柔軟になっている印象があります。

ストッキングはベージュ

真夏でクールビズとは言え、ビジネスの服装ではストッキングがマナーとされていますので、ソックスではなく、ベージュ系のストッキングを選びます。

靴はスーツに合わせて

靴はスーツに合わせて、黒やベージュなどのパンプスで、ヒールの高さは3~5cm程度のものを選びます。




いやな汗を抑える4つの方法

汗をかいた状態で面接をすると、面接に集中できないばかりか、面接官の第一印象も悪くなりがちです。

移動中は暑くても、面接が始まるまでに汗を抑える工夫をしましょう。

1.面接会場までは上着を着ない

上着を着用して面接に挑む場合でも、面接会場までは上着を着ずに手に持って行きます。

真夏の炎天下の中、上着を着たまま移動するより、はるかに汗をかかずに済みます。

2.最寄り駅に早めに到着しコーヒー店などで涼しむ

面接会場に30分以上前に着くようにして、時間までは近くのコーヒー店などで涼しみます

身体を冷やしておけば汗も引き、また、コーヒーでも飲みリラックスしながら、面接の最終確認企業のホームページを確認するなどの面接対策もすることができ、まさに一石二鳥なのでお勧めです。


関連記事:「面接必勝法(当日編)

3.汗拭きシートを使う

汗をかいてしまったら、拭きとっただけだと、また汗をかいてしまいますので、冷やすタイプの汗拭きシートなどを使って冷やすと効果的です。

関連記事:「ビジネスバッグに必要なアイテムは?中身の物を整理しよう

4.こまめに水分補給をする

基本的なことですが、水分を多めにとることで暑さや熱中症対策になりますので、ペットボトルの水やスポーツドリンクをバッグに入れておき、こまめに水分の補給を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

夏の面接は、企業からクールビズの指定がなければスーツ(上着着用)で、クールビズ指定があれば従います。

また、暑さや汗との戦いとなりますので、日よけや水分補給など、自分なりの暑さ対策をして平常心で面接をすることが成功への道になります。