Pocket

介護支援専門員(ケアマネジャー)の仕事内容とどうしたら介護支援専門員で働けるかを解説します。
また、気になる介護支援専門員の給与はいくらでしょうか?

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは

介護支援専門員は、ケアマネジャーまたはケアマネの正式名称であり、介護や支援を必要としている人やその家族から相談を受けて、心身の状況に応じて適切な介護サービスを利用できるように、介護事業者の連絡や調整を行い、ケアプランを作成する専門家です。

介護支援専門員の仕事内容

ケアプランの作成

ケアプランの作成

介護支援専門員の中心的な仕事がケアプランの作成です。
ただし、ケアプランは作成したら終わりでなく、お年寄りの心身の状況の変化に応じて、ケアプランの見直しを行って、状況の改善や自立できるようにすることが求められます。

ケアプランの作成の流れは次の通りです。

  1. 状況把握
  2. サービス事業者との話し合い
  3. ケアプランの作成
  4. 介護サービスを利用
  5. モニタリング(必要に応じてケアプランの修正)

サービス事業者との連絡・調整

介護や支援を必要としている人に対して、介護施設を紹介したり、介護施設との連絡・調整といった役割があります。
また、入居後も、介護施設に対しての要望やクレームなども、入居者に代わって事業者に伝えることもあります。

介護支援専門員の職場

居宅介護支援事業所

「居宅ケアマネジャー(居宅ケアマネ)」と呼ばれ、独立して、または雇われて居宅介護支援事業所を拠点として働く介護支援専門員です。
居宅ケアマネジャーは、自宅で暮らす要介護者に対して、ケアプランを作成したり、月に1度訪問して心身の状況などの確認をし、心身の状況の変化に応じてケアプランを修正します。

介護施設

老人ホームなどで生活する入居者に対するケアプランを作成したり、相談したりするために、介護施設内で勤務する「施設ケアマネジャー(施設ケアマネ)」と呼ばれています。

地域包括支援センター

地域包括支援センターは、市町村や、市町村から委託を受けた社会福祉法人などが運営しており、上位資格の主任介護支援専門員が、社会福祉士、保健師と共に働いていて、地域に住むお年寄りの相談を受けたり、介護度の低い「要支援」の人たちにケアプランを作成したりします。

また、地域で活動している介護支援専門員の相談に乗ることもあり、地域のとりまとめとしての役割があるため、幅広く知識や経験が求められます。

その他福祉事務所、保健センターなど

他にも、市町村の福祉事務所、保健センターなどで、お年寄りの相談や調査などを行うなど、介護支援専門員の職場は多くあります。

介護支援専門員になるためには?

介護支援専門員は、生活相談員のステップアップ先として、または看護師、社会福祉士、介護福祉士などから転身する人が多いです。

介護支援専門員になるためには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格しなければなりません。
試験名が「実務研修受講試験」と書いてあるは、実務研修を受けるための試験だからです。

資格までの流れは次の通りです。

  1. 介護支援専門員実務研修受講試験に合格
  2. 実務研修受講(87時間)修了
  3. 資格取得

★受験資格
1.保健・医療・福祉に関する法定資格者*としての実務経験が5年以上かつ900日以上
2.相談援助の実務経験が5年以上かつ900日以上

※平成30年の試験から、介護職員初任者研修、実務者研修での実務経験が受験資格から無くなりました。

保健・医療・福祉に関する法定資格者
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む)、精神保健福祉士

★試験日
年1回(10月)※受験申し込みが6月頃までなので、5月頃には都道府県の介護・福祉課などに問い合わせが必要です。

問い合わせ先:公益財団法人社会福祉振興・試験センター「介護支援専門員

★受験料
9,200円(東京都)

介護支援専門員の給料は?

平均月給 255,264円(平成28年:所定内賃金)
※出典:介護労働安定センター「介護労働実態調査結果について

Pocket