ゲームデバッガー(ゲームテスター)といえば、ゲーム好きな人にとっては、好きなことが仕事になるので、憧れの職業と言えるでしょう。

実際のゲームデバッガーの仕事内容やきになる給料を紹介します。

ゲームデバッガー(ゲームテスター)とは

ゲームデバッガーとは、開発中や開発完了後のゲームをプレイして不具合やエラーなどを発見や、ユーザー視点でプレイしてゲーム攻略の難易度やゲームバランスなどを調査する人たちをいい、会社によってはゲームテスターと呼んでいる所もあります。

ゲームデバッガーの仕事内容

不具合やバグなどのエラー発見

ゲーム開発中の動作確認版をテスト仕様書やチェックリストなどに基づいて、1項目ずつチェックします。

不具合やバグは、通常のプレイで起こりうるものから、ユーザーのあり得ない行動、例えば、RPGで誰も行かないような場所でセーブしたり、アイテムを使ったりなどを行って、あらゆる人のあらゆるプレイ方法で、不具合やバグを洗い出します。

発見した不具合やバグは、報告書に「どんな手順」で「どんな不具合やバグ」が発生したかを詳細に記入して提出します。

その後、プログラマから修正完了の連絡を受けたら、不具合が解消されたかを再度確認します。

ゲームの難易度などのゲームバランス調査

ゲームは、子どもから高齢の人までプレイする可能性があるので、ユーザー視点に立ってプレイして、ゲームの難易度が易しすぎないか、逆に難しすぎないかを開発側に提案します。

また、ゲームをプレイして感じたこと、例えば、子ども向けゲームなのに、ゲームのキャラクターのセリフが下品などといった提案もして、より良いゲーム作りに携わります。

ゲームデバッガーになるために

向いている人

ゲームが好きなこと

ゲームが好きな人は向いていますが、得意でなくても全く問題ありません。

何故かと言うと、リリースされたゲームは、初心者の人も多くプレイするので、そういった初心者のプレイヤーと同じ視線でテストプレイすることで、プロ級プレイヤーでは気づかない不具合が発見できる可能性があるからです。

地道に作業ができる

デバッグが始まると、チェック内容に沿って延々とプレイをして不具合やバグを見つけるので、コツコツと地道に作業ができる人はむいています。

ゲームをクリアする目的でプレイする訳ではないので、ゲーム好きの人でも、「早く進めたいのを我慢」できる精神力が必要です。

物事を疑ったり、好奇心があること

不具合やバグはとんでもない所に潜んでいる事もあるので、「ここで、こんなことしたらどうなる?」と好奇心を持ちながら疑うことのできる発想がある人には、重宝されることも。

〇〇さんすごいですね~よく気づきましたね!

こんなこと言われると、やる気が湧いてきますよね!

必要なスキル

PCやOFFICE系ソフトが使えること

ゲームの仕様書や報告書が、ExcelやWordファイルで作成されていたり、連絡事項や開発側とのやり取りがメールで行われたりするので、PCやメール、メッセージソフト(Skype,旧Lyncなど)やOffice系ソフトも使えた方が望ましいですが、これは仕事しながら覚えられるのでそれ程気にしないでいいかもしれません。

コミュニケーション能力があること

デバッガーのチーム内でのコニュニケーションや、開発側とのやり取りなどがあるので、コニュニケーション能力は必要です。

特に、チーム内での情報共有や、「今、こんなバグがでたけど、出た人います?」と言った会話で、作業が円滑に進むこともあるので、意見を言えることが求められます。


ゲームデバッガーの給料とキャリアアップ

ゲームデバッガーの給料

開発に合わせて、短期間のアルバイトの募集が多く、アルバイトの場合は、時給1,000円前後です。

派遣社員、契約社員、正社員とも、給与は15~20万円が相場です。

ゲームデバッガーのキャリアアップ

ゲームデバッガーのリーダー

ゲームデバッガーとしての経験を積み、ゲームデバッガーのチームリーダーになることができます。

デバッガーとしての知識に加え、コミュニケーション能力、折衝力などを磨いて、開発側の信頼を得ると、「自分の意見がゲームに反映される」というやりがいを感じることができるでしょう。

プログラマへの転身

ゲーム業界の入り口としてデバッガーとして働きながらゲーム開発に関わりつつ、プログラムを勉強してプログラマに転身する人もいます。

また、プログラマにはゲーム業界だけでなく、他の業界のプログラマとして活躍することもできます。